マセドニア国境で中東移民が暴徒化、巨大な棒で突撃してバリケードを破壊


マセドニアとギリシャの国境沿いで、中東からの移民集団が巨大な柱をぶつけてバリケードを突き破る騒動が発生している。


バリケードの向こうで待ち構えている警察は、石を投げてくる移民たちに対して催涙ガスで応戦。


スマホゲームでよくみる砦の城壁を破壊する中世の兵器のようなもので武装した移民の暴れっぷりは今日に始まったことではない。前日には「国境を開けろ」と要求する移民たちが線路を塞いで抗議のデモをしていた。


マセドニアがギリシャとの国境を閉鎖したのは今年の1月だ。トルコを経由してヨーロッパに入ってくる移民の数が留まる様子をみせず、手に負えなくなった。昨年に100万人以上やってきた移民は今年だけで既に11万人にのぼっている。その殆どはトルコからギリシャを経由してやってくる。


その結果、およそ6500人の移民たちがギリシャ側の国境に集まった。マセドニア政府はシリアとイラクからの「難民」のみを入国許可するとしたため、それ以外のアフガニスタンやアフリカからの移民が残されてしまった。


macedonia greece migrants protest violent


バリケードをたてて、移民の流入を防ごうとしているのはマセドニアだけではない。バルカン半島の多くの国は国境を物理的に塞ごうと必死になっている。ドイツ、スウェーデン、オーストリアなどの移民達の目的地が移民の受け入れに厳しくなった結果、行き先を失った移民がそのまま留まるのを防ぎたいのだ。


イギリスなど多くの国で「働かずに国民に負担をかけるだけの」移民に対して強い反感があるなか、EU内での、移民の最低受け入れ義務人数を定める話し合いはなかなか進まない。


移民の受入量を一日80人にまで削減したオーストリアに対しては、ギリシャが抗議の意味でウィーンから大使を帰国させている。


「ギリシャは(EU諸国の)一方的な動きを認めない。(もし止めなければ)ギリシャも一方的な行動をとる。ギリシャはヨーロッパのレバノンになることを拒否する。移民の倉庫になることを拒否する。たとえ、EUから巨額の支援を受けたとしても、拒否する。」


Breitbart




ネチズンの反応


これが、我々と一緒に平和に暮らしたいと願う人間達の行動か?暴力的な手段で国に入ってくるのをみればもう分かるだろ。彼らの目的は我々の文化・経済の破壊、略奪なんだよ!


皮肉なものだよな。EU諸国、特にフランスがつくりだした混沌が、今EUを破壊しようとしているんだから。


マセドニアは気の毒だね。これからも移民はどんどんやってくる。バルカンでは戦争が起きるんじゃないか…。メルケルを筆頭としたヨーロッパのリベラルのリーダー達は移民側に味方するんだろうな。


武力で国に侵攻しようとしているんだから、これは戦争だよね。なんで撃たないんだろう?お決まりのように子供を抱えているけど、母親はどこにいる?地雷を散りばめて近づけないようにすればいい。。


「Open the border we want to pass」ってボードに書いてあるけどさ…あんたは不法移民だろう。ギリシャからマセドニアに不法入国して、セルビア、クロアチア、スロベニア、オーストリアを経てドイツに行きたいんだよな。でも、これらの国の一つに入国を拒否されれば、もうだめなんだよ。あきらめて、家に帰りなさい。誰も経済に貢献せず、国を分断する移民を歓迎なんかしないし、移民に職を奪われたくもない。


女性が気絶しているのをカメラマンが必死に撮影しているけど、それで同情を集めるつもりなんだろうな。でも、私が同情するのは十分な装備を与えられることなく、国境防衛を命じられている兵士・警察だよ。


 


    この記事が気に入ったら「いいね」を押してね😀