【米大統領選】マルコ・ルビオ氏が下ネタでトランプ氏を攻撃 スーパー・チューズデーでトランプ圧勝が確実視されるなか、ルビオ氏が壊れる!?

共和党主流派で、候補者選の最有力候補のはずだったマルコ・ルビオ氏。ドナルド・トランプ氏に負け続けて最近イライラしている。


「トランプはいつも僕のことをリトル・マルコって呼ぶねん。確かに彼は188cmで僕より背が高いわ。でも謎なのは、なんでそんなに背が高いのに手はめっちゃ小さいんやろう?あの手は身長155cmの大きさやで。」

なにか面白いことが言いたくて仕方がないルビオ氏はこう続ける。

「よく言われるやん?手が小さい男性は…」

何かのサイズも小さい…?そんなことを聴衆に想像させるべく、大げさにポーズを取ってルビオ氏は続ける。

「信用できないね!あんな奴らは信用できないね!」


スーパー・チューズデー直前の疲労のせいか声が掠れるルビオ氏。でも、ジョークはまだ言い足りない。

「トランプは汗をかかないよ!かけないんだよ!だって、日焼けスプレーで毛穴が詰まってるからさ!」

「ドナルドはアメリカをグレートにするんじゃなくて、(毛穴が目立つ)オレンジにするつもりだよ!」

ルビオ氏は、ジョークが上手いトランプ氏の真似をしようとしているのだろうか?

「トランプは中国から仕事を奪い返すって言ってるけど、自分のブランドのネクタイとかシャツはメイドインチャイナやん!まずは自分のブランドをアメリカで製造するべきちゃう?」と、古いネタを繰り返すルビオ氏。

「今朝のテレビ見た?KKKからのエンドースメントについてトランプが聞かれてたよね。KKKを拒絶しますか?と聞かれたけど、拒否してた。白人至上主義者とKKKを拒絶できない候補者を勝たせてはいけない!」

前日にもルビオ氏はトランプ氏の「日焼け」についてジョークを飛ばしている。

「どうして僕がメイクアップをしていることをトランプは批判した。でも、おそらくアメリカで一番最悪のスプレー日焼けをしているトランプが、僕のメイクアップを批判するなんておかしなことさ!」

「いやマジで。誰にあの日焼けをやってもらったのかしらないけれど、トランプは訴えるべきだと思うよ!(笑)」

さらに、ルビオ氏は、トランプ氏を北朝鮮の金正恩氏に例えるような攻撃まで繰り出した。

「北朝鮮に核兵器を所持しようとしている狂人がいるけど、アメリカにも核兵器発射ボタンを所持しようとしている狂人がいるよね!」

言いたい放題のルビオ氏だが、トランプと同レベルの発言をしていることに気づき聴取に謝罪したようだ。

「過激な言葉遣いをしてしまったけれど、そんな風に育てられたわけじゃない。言葉遣いが激しくなったのは、それだけ(キャンペーンに)情熱を注いでいるからなんだ。」

breitbart




ネチズンの反応

(若いころに、ナイトクラブで裸の男性達と泡々パーティーをしているところを何度も写真に取られている)ルビオにとっては男性のあれのサイズはとっても重要なんだろうね。

ルビオはもはや壮大なバカ。上院の恥だよ。(大統領選に出馬するために)2016年の上院選挙は辞退したのが不幸中の幸い。もう政治からは引退して下さい。

主流派の大統領候補者で唯一、大統領候補者っぽく見えていたルビオがトランプのおかげでおかしくなってしまった。トランプの勝利は確定だね。

明日にはスーパー・チューズデーでトランプが全勝してルビオは候補選を離脱するから、もう自暴自棄になったな。

トランプはベンガジでアメリカ人を救出した英雄と、保守派の有力上院議員から支持を取り付けて、ラリーに3万人を集めたのに、ルビオは数百人の前で下ネタかよ。開票を待つまでもない。火曜の結果はもう分かったよ。

 
    この記事が気に入ったら「いいね」を押してね😀