銃を持つ容疑者に発砲しなかったことで解雇された元警察官、市より2千万円の和解金を受け取る

2018/02/13 18:59

簡単に説明すると・・・

警察官が通報先で銃を構えた精神が不安定な容疑者と対峙


発砲しなかったことにより解雇される


訴訟を起こし、2千万円の和解金を受け取った

stephen mader2016年5月、米・西バージニア市で警察官をしていたStephen Mader氏(23)は家庭内暴力の通報に対応して駆けつけた先で銃を構えた男と対峙する。

男は取り乱した様子でMader氏に「俺を撃つんだ」と懇願するも、海兵隊としてアフガニスタンに駐在したこともあるMader氏は、男は脅威ではないと判断し落ち着かせるように試みる。

そうこうしている間に他の警察官たちが到着すると、男は(自殺するために)そちらへ向かって銃を持ち上げ、状況を把握していないその警察官たちに直ちに射殺された。

事件から10日後、Mader氏は「危機的状況での対応能力に疑問がある」という理由で解雇される。その際受け取った手紙には「残念ながら警察の仕事においては、決断をしないことよりも決断をすることが大切なのです」と書かれていた。

「市民を撃つことよりも話しかけることを選んだゆえに警察官が解雇されるべきではない」と考えたMader氏は市を相手取り訴訟を起こす。

何ヶ月に渡る法廷闘争の末、市は17万5千ドル(約2千万円)の和解金を支払うことに同意した。

近年、警察による過度な武力の行使が問題化しているアメリカだが、Mader氏の解雇は警察組織に蔓延る武力信仰を象徴しているようだ。

ソース

海外の反応

脳筋でなくビビりでもない警察官なんて貴重すぎる。むしろ署長に昇格すべきだった

精神的に不安定な相手を落ち着かせるトレーニングみたいなのは導入されるべき

状況を読み取って、適切に判断し、恐怖でパニックになることなく行動できている。まさに模範的な警察官

海兵隊で爆発物を所持した相手に対応するトレーニングを受けていたからこんな冷静な対応が取れたんだろな。

他人の命を救うために自分の身を危険にさらす。これぞ警察の鑑

の最新記事をお届けします!
名無しペンギンさん

流石にこれで解雇はおかしい。