海外「平野歩夢の方が上手かったように見えたけど、どうしてショーン・ホワイトが勝ったの?」

2018/02/14 22:58

平野歩夢の方が上手かったように見えたけど、どうしてショーン・ホワイトが勝ったの

平野歩夢とショーン・ホワイトの劇的な一騎打ちで盛り上がった平昌冬季のスノボハーフパイプですが、Redditで「平野歩夢の方が上手かったように見えたけどどうしてショーン・ホワイトの得点が上だったの?」という声が上がっていたのでご紹介。

スノボしない素人目線では平野の方が着地が滑らかで上手かったように見えたんだけどどうしてショーンの得点が上だったのか誰か教えてくれない?

ショーンは高く飛ぶことで知られてるから、恐らく高さが原因だと思う。約1mほど最高点に差があったように見えた。

高さといえば、歩夢も高く飛ぶことで知られているんだけど、どっちが高かったんだろう?

解説によればショーンの最高点が18フィート(5.4メートル)、それに対して歩夢は15フィート(4.5メートル)。
平均でもショーンの方が勝っていた。

体重がある方が、スピードが出せて高く飛べることを考慮すると、あの小さな体で歩夢がそこまで飛べるのは凄すぎる。
もし歩夢がショーンと同じ体格だったらもっとスゴかったのかな?

小さい体のほうが回転やターンが早くなるから、そういう意味ではトレードオフだね。
歩夢はショーンよりも先に2連続1440を成功させている。多分1620だって出来るんじゃないかな。

高さもショーンの方が高かったし、滞空時間もボードを握っている時間も長かった。

ふたりとも1440を2回、1260を2回決めてたけど、残り一つの技がショーンはフロント540ステールフィッシュだったのに対して平野はストレートエアーだった。
これが決め手だったと思うよ。

スケボーでもそうだけど動きが大きく見えたほうが有利。
ショーンがスピードが一番ある状態の最初の技で高い1440を飛んだのに対して、平野の最初のジャンプはストレートエアーだったから、そこで差がついただろう。

最初に1440を連続で決めるのと、2発目3発目で決めるのとでは、点数に少し差がでるのではないだろうか

日本の選手もすごかったけどロボットみたいで華やかさというか、スタイルに欠けていたように感じた。ショーンの技には独特のスタイルがあった。

同じ技をしていても、ショーンはスロモみたいな滑らかさがあっていとも簡単そうに見えるんだよね。それがスタイルってこと

速度を出して高く飛んでスタイリッシュにゆっくりキレイに回転する。それがショーン流。
技術的には歩夢も同レベルだけど、魅せる滑りって意味ではショーンの勝ち

まあ、歩夢の高速回転のほうが見応えがあるって人もいるだろうし、そこらへんは好みだな

スタイルって意味ではショーンも技術偏重で見栄えにこだわらないって評価を受けているんだけどな。

マックツイストっていう技名を聞いてたらなんか無性に腹が減ってきた。そうだマックに行こう

97点のスコアが表示された時のショーンの涙を見たらこっちも泣けてきた。本当に金メダルがほしかったんだなっていうのがひしひしと伝わってきた。

 

17歳とかが金とってる中で15年間以上もトップで滑り続けてる31歳のショーン・ホワイトが金メダルかっぱらっていくのめちゃくちゃかっこいい。まさにスノボ界のトニー・ホーク

自分によりも一回り以上若い選手達に勝つためにキャリアの終盤になって新技に挑戦するもの頭を打って67針縫う大怪我を負う。
それでも挫けることなくもう一度挑戦して成功させる。
さらに連続で成功させる。
それを自身最後のオリンピックで、1点差で2位にいる状態でやってのける。
これぞ生ける伝説

2020年にはスケボーで五輪に出るかもという話だし、2022年の中国五輪にも行くとか...かっこヨすぎ。これからは歩夢の時代だと思ったけどそう簡単には世代交代させない王者ショーン。

ショーン・ホワイトのスケードボーディング映像

歩夢こそがスノボの未来だよ。19歳にして地球史上初めて、ベストのショーンホワイトより上のランを成功させた。これからさらに凄くなって1620を成功させるようになるんじゃないか。本当に楽しみ

の最新記事をお届けします!