ドッグフードに安楽死薬…原因判明→大量リコールへ。「ありえない」「怖すぎる」との声【アメリカ】

2018/02/19 19:36

ドッグフードに安楽死薬、米FDAがリコール発表

動物の安楽死に使われる薬品が、米国で販売されていたドッグフードの缶詰に混入していたことが分かり、米食品医薬品局(FDA)がこのほどリコールを発表した。

全文を読む
簡単に説明すると

安楽死に使われる薬品が米国で販売のドッグフードに混入していた


低濃度のペントバルビタールが検出されたとして、米食品医薬品局がリコールを発表


めまいや嘔吐などの症状を引き起こし、摂取量が多ければ死に至る可能性もある

FDAの16日の発表によると、J・M・スマッカー社が製造したドッグフード「グレイビー・トレイン」の缶詰から、低濃度のペントバルビタールが検出された。

これまでの調査では、サンプル検査したグレイビー・トレインに含まれるペントバルビタールは少量だったことから、ペットの健康を害する可能性は小さいとしている。

それでもペットフードにペントバルビタールを使うことは法律で禁じられており、一切検出されてはならないと強調した。

J・M・スマッカーはペントバルビタールが検出されたことを受け、グレイビー・トレインなどのドッグフード缶詰の自主回収に乗り出したことを明らかにした。

原因については、特定のサプライヤーから供給された少量の原材料にあったことを突き止めたと説明し、この成分は1カ所の製造施設でのみ使っていたと強調している。

今回の問題については極めて深刻に受け止めているとして、強い遺憾を表明。リコール対象の製品については、返金または代替製品との交換で対応するとしている。

先日同社所有のペットフード会社で同じ問題が発覚していたが、その原因が突き止められたということだ。

ドッグフードに安楽死用の薬品が混入 アメリカで悲しい自主回収が発生

動物の安楽死に使用される薬品がドッグフードに混入したとして、アメリカのペットフード会社「エヴァンジャーズ」が主にアメリカ国内で流通した製品の自主回収をすると発表しました。同社は82年の歴史がある老舗で、自主回収が行われるのは初。

全文を読む

ペントバルビタールを与えられた動物が、ドッグフードの原料に使われてしまったと見られます。

この記事への反応

死にたい人間を安楽死させてドッグフードにでも加工すれば、利益が生まれるんじゃないの商業主義者さん?

多分見てくれないでしょうけど言わせてもらうと
市販のドッグフードには生き物を安楽死させる薬の成分が入っていて、たまたまそれが多く含まれてる部分を運悪く食べてしまい死んでしまうコがたまにいます。
ほんとにマッチョのことを大事に思っているならドッグフードではなく手作り食おすすめします

日本も犬肉を大量に海外から輸入しています。いったい何に使われているのか…怖いです。

そういう風に混入する事もあるのか…

怖いね😵 何を信用して良いのかわからなくなるよね😢

 

これは怖すぎる・・・
ペットに何食べさせてあげりゃいんだよ・・・
ドッグフードに安楽死薬

ペットフードも手作りの時代になっていくんだろうか・・・
ドッグフードに安楽死薬

の最新記事をお届けします!