「キャンセルできない」任天堂のオンラインストアは違法?ノルウェー政府が改善を求める

2018/02/22 15:41

一度予約をオーダーしてしまったらキャンセルできないことで知られている任天堂のオンラインストアは違法ではないかと話題になっています。各種海外メディアの報道によれば、これはEU圏内で定められている「欧州消費者の権利 指令」に違反するもの。

そんな中、ノルウェー政府機関の「消費者委員会」が任天堂に対して「キャンセルできる方法を明示するか、その方法が無ければ速やかに設置する」ことを求める文書を送ったようです。

「消費者機関」が添付した任天堂eショップのスクリーンショットには「全ての販売は最終的なものである」と記載されています。委員会によれば、これは「欧州消費者の権利 指令」に真っ向から違反しているそう。

このニュースに対する海外の反応

予約をキャンセルさせないオンラインストアとかあり得ないだろ!

任天堂は違法だって分かっててこれを続けてきた。
購入するときにポップアップが出てきて「購入をすることにより、法律で定められているクーリングオフ期間を過ぎて賞品が届けられることに同意することになります」と表示される。
だからといって商品が遅れて届く訳ではないけど、こうすることで「返品できないことに同意」したと装ってるんだ。
どうかんがえてもオカシイ。よく今までこんなめちゃくちゃなことを続けて来れたなと思うよ。

Steamや映画のストリーミングとかだとすぐに消費するわけだから理解できるんだけど、物理的な商品を販売するサイトがこれやっちゃだめでしょ。

そのSteamですら2時間以内なら返金する。
その理由はEUの厳格なルールに違反した際のペナルティーが怖いから。
EU目線で見れば任天堂の購入ボタンは「これを押すことによって私は消費者としての権利を放棄します」と言っているようなもの

アメリカの企業が好きそうなボタンだな。

おいおい、EUすげーな。アメリカにもEUレベルの消費者保護があればいいのに。

ValveはSteam同様の返金ポリシーを設けなかったことでオーストラリアで3百万ドルの罰金を課せられていたな。

あのEAが返金を受け付けているってだけで、どれだけ厳しいペナルティーがあるか分かるわ。
自分たちがEAよりも反消費者的なことやってたらそれはヤバいって気づかないと。

Steamは以前は自分たちの販売しているものは「サービス」であって「商品」ではない。したがって消費者保護のルールは自分たちには適用されないって言ってたな。
EUがルールを厳格化してきたから結局折れたけど。

EUがきっかけで改善されたことはだいたい世界共通仕様になるからEU外の消費者も恩恵を受けるんだよ

プレイステーションはどうなんだ?ソフトのダウンロードを開始したらもう返金してもらえないだろう?

↑不具合があったりしたら、ソニーに直接メールして説明すると返金してもらえる。

↑残念だけどそれが現状だね。Euで定められている2週間のクーリングオフはデジタルコンテンツには適用されないんだ。

↑だから、事前にその旨を同意していれば、デジタルコンテンツの返金を要求する権利を消費者に放棄させることは可能なんだよな。(EUでの話)
同意を与えていれば一度ダウンロードが開始されたら返金を求めることはできない。
この点でPSストアと任天堂オンラインストアは同じなんだけど、異なるのは「不具合」があった場合に返金を求めることさえできない点。
それが違法かどうかの境目になっている。

詳しくはこちら(英文)。要は「例外なく返金を認めない」という点が問題となっているようです。

なんで未だにゲームをカートリッジ買いしてるの?ってよく聞かれるんだが、これが理由なんだよ。

WWE 2K18を返金して欲しい...。
こんなぶっ壊れゲームだと知っていれば買わなかった...2分プレイしただけで放置してるわ。

こういうことを聞くとEUって良いなって思う。

EUは消費者を企業から保護するという点では世界に計り知れない貢献をしてるんだよ。
その大きな理由はアメリカでは「企業=人」であって、悪質な企業でも保護されてしまうから。

そんなEUもフォルクスワーゲンの排ガス不正を野放しにしてきたんだけどな。
EUが特に優れてるって訳じゃない。それぞれの国に強み弱みがあるってことだよ。

そもそもデジタルコンテンツを予約する意味ってなんなんだよw
予約なんて物理的商品が主流だった時代の名残だろ。
単にゲーム会社が売上を早く計上したいってだけじゃないの?

前もって事前ダウンロードできるっていうのが大きな理由だと思う。
ゲームによってはデータ量が大きくて、ネットがしょぼいとダウンロードに丸一日かかったりする。
その間、周りが盛り上がってるのを眺めているだけだと辛い。

一部のゲームではシーズンパスなんかの予約特典がついてくる。

予約して買うと30%割引とかもよくあるパターン。

Amazon Primeで新作ゲームを予約すると20%割引になるし、初日に玄関まで届くから美味しい。

ノルウェーの委員会が問題視しているのは事前ダウンロード?
ダウンロードしてしまった=返金はできない、という理屈が違反していると言っているのか?

事前ダウンロードだろうと、事後ダンロードあるいは物理的商品の配達だろうと違いは無いって言ってる。
消費者がゲームを消費出来ない限りは、事前ダウンロードであっても商品はまだ届いていないと認識されるんだ。

任天堂か...。今更驚かないな。任天堂ならやりかねない。

自分は任天堂の大ファンだけど、遵法性に関しては任天堂は最低レベルってのは認める。

遵法性、消費者保護、カスタマーサービス、商品の取替、補償、ネットサービス、Youtube動画に対する姿勢、これら全ての点で任天堂はクソ。

カスタマーサービス、商品の取替、補償に関しては最高レベルだろ。

子供が乱暴に扱って壊したWiiを何度無料修理してもらったことか。

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」のカートリッジを交換するだけで£179.50の請求がきたよ。

↑狂ってる。

任天堂は色んな面でクソだけど、あいつら良いゲーム作るんだよなぁ…。

そろそろ吊るし上げられるんじゃないかなって思ってた。
任天堂はこういった「基本的な機能」を実装するのがおそすぎ。

任天堂のゲームはめっちゃくちゃ先進的なんだけど、それ以外の部門が前時代的過ぎる。
そうすることでバランスを取っているんだろうか?

任天堂においてはフォースが強過ぎるからバランスが必要なんだろう。

アメリカではPSNも予約のキャンセル許可してないよ。
80ドルのホライズン ゼロ・ドーンのスペシャルエディションを予約した数時間後に「100ドル購入したら15ドルのキャッシュバック」キャンペーンが始まったからキャンセルして予約し直そうとしたら、「難しいですね。我々にはどうしようもありません。」て言われた。

アメリカのXboxストアでは返金が250ドル以上超えたら出禁を受けるw

これはEUよくやった。早く改善してほしい。

すぐに改善される。
任天堂をこらしめたいというよりも、委員会が任天堂に事前忠告して猶予期間を与えたって感じ。
事態が大きくなる前に穏便に解決したかったんだろう。

ノルウェーはEUじゃないよw
EEAには参加しているからEUのルールの多くが適用されてるけどね。

知らない人もいるみたいだけどノルウェーの消費者保護系の役人はマジで厳しいぞ。
忠告に従う以外の選択肢は任天堂にはない。

ソース:1

の最新記事をお届けします!