フィギュア集合写真、持ち上げられる羽生結弦、指でうさ耳をするメドベージェワがカワイイ!【海外の反応】

2018/02/26 23:15

66年ぶりの2大会連続金メダルという偉業を達成した羽生結弦選手。エキシビジョンではスケートの神が舞い降りたかのような演技で世界中のファンを魅了しました。

ミーシャ・ジーによる最後の集合写真ではイタリアの選手に持ち上げられる場面も。お茶目さと華麗さを兼ね備えた羽生選手から海外ファンも目が離せないようです。

Olympic figure skaters take epic group photo

この集合写真への海外の反応

フラワーガールが倒れた時、とっさに駆け寄って起こしてあげたメドベージェワ優しい^^

リンクに留まって歓声に答える結弦。

 

滑っている時の羽生はとても情熱的だ。まるでスケートが恋人のよう。
他のスケーターは練習通りに滑っているように見えるが、結弦の滑りはまるで恋人との親密な時間を見ているようだ。

この衣装はすごい。結弦にとても似合っている。

白鳥をイメージした羽が散りばめられた衣装だ。エキシビジョンで彼が披露したナンバーにマッチしている。

(羽生選手が)エキシビションで舞うのは「ノッテステラータ(星降る夜)」。フランス人のサン・サーンス作曲の「白鳥」を基にした曲で、浅田真央さんらを指導したタチアナ・タラソワさんから贈られた。(スポニチ

結弦を持ち上げているのは誰?

(イタリアのペアの選手)オンドレイ・ホタレックだ。

撮影してるのは?

ミーシャ・ジーのインスタに掲載された写真だよ。
ミーシャは大会のたびに沢山セルフィーを撮影してインスタにアップしている。
これは4大陸選手権の後に撮影されたもの

#SkatingFamily #ISU

A post shared by Misha Ge (@mishage8) on

これはロステレコム杯

#Family

A post shared by Misha Ge (@mishage8) on

“TripleTrouble” 🐻🌙👾 #TeamRevolution of @johnwilsonblades & @mkblades

A post shared by Misha Ge (@mishage8) on

ミーシャ・ジーは選手としては世界トップではないが、エンターテイナーとしては世界屈指の実力の持ち主だ。

すでに競技者から振付師へとキャリアを転向しつつあるようだ。
今回のオリンピックでも何人かの選手の振り付けを担当している。

ミーシャ・ジーといえば「チャーリー・チャップリン feat ヒップホップ」。

最後までリンクに留まる羽生の姿が、このオリンピックで見た一番美しいものだった。
人生の目標を達成し、多くのひとから称賛を浴びる。羽生の立場になれば誰だって、その瞬間が永遠に続けばと思うだろう。

羽生が持ち上げられるのを見れたから満足だ。

とても完成度の高い演技を披露していたペアーの選手達がいた。
いったいどれくらいエキシビジョンのために練習したのだろうか?

トップレベルの選手はエキシビジョン用のナンバーを複数持っている。
中にはボーヤン・ジンのように、以前競技に用いたナンバーをエキシビジョンで披露する選手も。
いずれにせよ、エキシビジョン用のナンバーは競技用に較べて遥かに難易度が低いので、それほど練習に時間は取られない。

いい映像だ。フィギュアが大好きになってしまった。これからは熱心に見よう。
過去2年間の結弦とメドベージェワをリアルタイムで見れなかったことが残念。

15歳ザギトワのセクシー衣装にみんながどういう反応をしたのか気になる。

たしかにあれは反応が困った。

プーティンは気に入ったのではないか。

フリーの演技で「技術だけで表現力がない」と言っていた人へのメッセージではないか。
「芸術性の高い滑りもできるよ。でも、金メダルのために得点を取れるルーティンを選んだだけ。」

羽生のエキシビジョンは別次元だった。
目標を達成できたので、気負いなく自分が滑りたいように滑っていた印象。

エフゲニア(・メドベージェワ)が指でミーシャにうさ耳してるのカワイイ。

GALAのフィナーレで泣きそうになった。まるでミュージカルのフィナーレようにドラマチックだった。

「This Is Me」という曲の選択もフィナーレにふさわしいものであった。

フラワーガールも入れてあげたのは優しいね。

羽生結弦は氷の上でも外でも魅力的だ。

ソース:1 2 3

の最新記事をお届けします!