年間制作予算8500億円のNetflix「アニメに本気を出す!」 【海外の反応】

2018/03/01 06:42

20ほど年前までは海外ではニッチなジャンルだったアニメ。今や世界中で人気コンテンツとして受け入れられています。そんなアニメの主流メディア化に大きく貢献したのがネット。動画サイトの存在なくしてはアニメを知ることがなかったという人も世界には多いはず。

近年ではストリーミング再生により全世界同時放映が可能となっているようですが、そのストリーミングの最大手がNetflix。オリジナルアニメの制作などアニメに精力的に取り組んでいることでも知られています。

最近のJapan TimesによるNetflixのアニメ担当ディレクターおきうらたいと氏へのインタビュー記事によれば、「有能なプロデューサーを集め、オリジナルのアニメを制作する」のがNetflixの戦略。「アフロサムライ」を手掛け、「コードギアス」「ジョジョの奇妙な冒険」などのメジャーアニメのプロデュースにも自身が設立したプロダクション会社(その後フジテレビにより買収)を通し関わってきたおきうら氏の起用はその一環とのこと。「アニメがニッチマーケットだった時代は終わり、主流コンテンツになりつつある。」おきうら氏は語っています。

Netflixのオリジナルコンテンツの作成予算はなんと年80億ドル(8500億円)!2018年には約700タイトルを制作する予定だとか。そのNetflixがアニメに本気で参戦してくるというのだからすごい。日本はもとより世界のアニメ業界の起爆剤となることを期待したいですね。

このニュースへの海外の反応

Netflixマネーでアニメを制作するってことか!高品質のアニメを是非作って欲しいね。

「悪魔城ドラキュラ(Castlevania)」のシーズン2を作ってくれ!

コナミのゲーム「悪魔城ドラキュラ」シリーズを題材としたNetflix制作のアニメシリーズ。2017年にシーズン1が公開されました。

↑プロデューサーのツイートによればシーズン2は全8話、(2018年)夏に始まるらしい。

↑いいアニメなのになんでそんなに短いの...。
「フリクリ」みたいな(全6話で終わる)アニメがある一方で、「ワン・ピース」とかは無限に続いてる。

↑アニメを作っている制作者次第なんだろうな。

↑実はこのコメントを書きながら、ベルセルクを読んでる。1988年に始まった漫画で、今355話。
もうちょっと書くスピードをあげてくれないと、最終回が来る前に自分も作者も死んでしまいそう。

↑5年前くらいに最新刊まで読んだわ。その後の休載が長かった...。

↑ハンター×ハンターもそんな感じだw
8年くらい前からほとんど休載してるw

ワン・ピース見ようと思って(海外アニメ配信サイトの)クランチロールを覗いたら900エピソードくらいあったから諦めた。

すぐ終わるアニメも、長寿アニメもどっちもそれなりの良さがあると思うよ。
「フリクリ」は視聴者がもっと見たいっ!って思える状態で終わってる。それって最高じゃん。
「ワン・ピース」や「名探偵コナン」なんかはもはや視聴者にとって生活習慣の一部。何年見続けても飽きない良さがある。

お願いします。原作ファンが納得する「ベルセルク」のアニメを作ってください。

↑それは不可能ってもんだ。

97年のアニメシリーズ(剣風伝奇ベルセルク)はいい出来栄えだったよ。

↑最近まで97年のベルセルクアニメ見たことがなかったけど、確かに良かった。
とはいえ90年代アニメに対してはノスタルジア補正があるかもしれない。

↑サントラはどうよ?か・ん・ぺ・きだと思うんだけど。

「ガッツのテーマ(Gut’s Theme)」はガッツのキャラに完ぺきにハマってるね。

Netflixのアニメ戦略には、「ハリウッド化で原作ファンをがっかりさせる」ってのも含まれているのかな?

↑日本で映画化されたものだってがっかりするクオリティーのものは沢山ある。「鋼の錬金術師」、「進撃の巨人」、「銀魂」などが良い例。

「鋼の錬金術師」の実写版を見ようと思ってたところなのにそんなこと言わないで。

↑原作アニメ自体が、映画一本の中に手軽に詰め込めるようなストーリーではない。
映画ではアームストロングや傷の男が出てこないし、7人いる人造人間もそのうち3人しか出演していない。
そこまでカットするならもう映画化する必要なくね?と思ってしまう。

鋼の錬金術師好きだから、映画見ようと頑張ってみたけどやっぱりあれは見れなかった。
演技のクオリティーが低いのは勿論、ストーリーも全然面白くない。
エドを演じている子供の金髪のカツラも全く似合っていない。
唯一良かったのはアルフォンスの鎧。アルフォンスのシーンだけ見てあとは早送りしたわ。

↑本来アルフォンスがいるはずのシーンから外すことでCG予算を削ってるのも丸わかりだった。

性格も全然違うものになってた。不器用な子なのに、なぜか鬱で鈍重なキャラにされてた。

「銀魂」の実写版は良いと思ったけどな。

映画版「トーキョーグール」もビックリするくらい良かった。
漫画のゆったりとしたペースや内向的な感じが上手く表現されていたように思える。

Netflix制作の「デス・ノート」は悲惨な出来栄えだったわ。
キャラクターの個性が完全に消されてた。

この映画を見るまで「デス・ノート」を知らなかったけど、割と面白かったよ。
登場人物も多すぎないし、演技もいい感じ。主人公が悪に傾倒していくのときの描写も見応えがあった。
リュークのアニメーションや声も好きだな。

今制作中の「ソードアート・オンライン」の実写版もNetflixプロデュースだね。

まともにアニメの実写化したいんだったら普通の監督を雇ってもダメ。
実写化の実績のある人、たとえば「ジャングル・ブック」の制作チームなんかを呼んでこないと。

残念だけど、西洋にはアニメの実写化はできないよ。
アニメのストーリー手法が西洋映画とは違いすぎる。
加えて、「アニメ」の実写化はどうしても聴衆が限定されてしまうから、大手のスタジオは作りたがらない。

「ガンツ」や「TRIGUN」のちゃんとしたアニメを作って欲しいね。
「20世紀少年」や「PLUTO」も「モンスター」のようにアニメ化すべき。
「惑星のさみだれ」と「サイレン」は今アニメ化されてるほとんどの格闘系アニメよりも質が高いからアニメ化に値する。
「ベルセルク」は安っぽい3D使うのを止めよう。まともな2Dの絵が描けるスタジオに制作させるべき。
Netflixがこの分野でできることって沢山あるけど、スタジオにお金をばらまいて作品を作らせるんではなくて、質の高い作品を探して「キュレーション」することが必要だと思う。

「ガンツ」大好き!

CG映画の「Gantz:O」がNetflixで見れるけど、ストーリーがしっかりしてて、映像もクソ格好いいからオススメ。

↑「Gantz:O」いいね。アニメも作ってほしいけど、これの続編も見てみたい。
なにより、2億円ちょっとの予算でこれを作れたということに驚き。

「ジョジョ」をNetflixで見れるようにしてくれぃ。

アニメのラインナップはHuluの方が上。

アメリカと日本以外ではHulu見れないのが残念。

アニメが多いからという理由だけでHuluを契約してる。
「ゼロの使い魔」と「落第騎士の英雄譚」が見れるというのも大きかった。

おれは「カウボーイビバップ」の映画をストリーム再生できればそれで満足なんだ。

↑自分は結局アマゾンで買ったわ。買った1ヶ月後にプライムで見れるようになったんだけど、それでも無駄じゃなかったと思えるくらい良い作品だよ。

「DEVILMAN crybaby」は素晴らしかった。

↑これは本当に会心の出来だったよね。Netflixよくやってくれた。サントラも大好き。

スタジオ・ジブリとパートナーシップを組むとかできないのかな?

↑ディズニーがすでにやってる。ネズミって一度手に入れたものは絶対に手放さないよ。

↑いやディズニーとの関係はもう切れてる。マーベルやスター・ウォーズ並の収益を上げることは出来ないって判断したんでしょう。

ジブリは自分たちの作品をストリーム配信することに反対の姿勢らしい。
映画館で見るか、ブルーレイを買って見てもらいたいのだそう。

ジブリの質の高いアートを低ビットレートの圧縮で台無しにして欲しくないというのは物凄く理解できる。

Netflixマネーに目がくらんだ日本のアニメスタジオが西洋の視聴者に媚びるようなことがなければいいのだが。

「賭ケグルイ」みたいなトイレで目を血走らせながらオナニーする女子が登場するアニメもNetflixにあるからそれは大丈夫。

「DEVILMAN crybaby」もヘッドフォンなしでは見れないくらいだしね。

暴力とかゴアはこっちでも全然アリだけど、ヤバいのはいわゆるファン・サービス系の描写だろう。
たとえば、「シトラス」とか「プリズマ☆イリヤ」みたいなアニメをNetflixは許可するだろうか。

本気で海外のアニメファンを納得させたいなら、日本のテレビで放送されているものをNetflixでも同時放送しなきゃダメ。
テレビ放映後にNetflixにアップされるまで何ヶ月もかかるようではいつまでたっても海賊サイトはなくならない。

自分が好きなアニメといえば昔見た「獣兵衛忍風帖」くらいで、それ以外に特に好きなアニメはない。
でも、最近はネットでもデレビでもアニメだらけだから、正直、自分がもっとアニメ好きだったら楽しめるのになと思ってしまう。

「DEVILMAN crybaby」が良かっただけに期待できそう。

Anime「Senpai Noticed Me!」

ソース:1 2

の最新記事をお届けします!
東京ペンギン

なるほどね。これからは日本のテレビからはアニメは消えていって
海外向けに特化していくんでしょうね。グローバル化はアニメにはいい兆しかも。