バーチャルYouTuber「キズナアイ」、訪日促進アンバサダーに就任 「アニメにこだわり過ぎ」「日本訛りがわざとらしい」【海外の反応】

2018/03/04 14:44

AIキャラの「キズナアイ」が、日本政府観光局(JNTO)の訪日促進アンバサダーに就任しました。政府の「Visit Japan」チャンネルでは寿司、ラーメンや天ぷらなど日本食を紹介する「Come to Japan with Kizuna AI: Japanese Culinary Culture」と題した動画が公開されています。

JNTOの公式サイトによれば、食、文化、技術などをテーマに日本を紹介する動画がこれを含めて計5本制作される予定。サイトには他に、日本行きの旅行券をゲットできる「日本にまつわる20問のクイズ」も用意されています。

このニュースへの海外の反応

20問中9問正解...。この結果に彼女はがっかりしているようだ(笑)
でも、日本について何一つしらないのこんな正解できたことに驚き。

6問正解だ。彼女を泣かせてしまった...。

↑自分は8問正解だった。どうやら「日本かぶれ」の称号を返上する時が来たようだ...。

特に日本が嫌いという訳ではないけど、どうして日本政府は日本かぶれのアニメ好きをターゲットにした観光キャンペーンばかり展開するのだろう?
東京以外の日本の魅力をアピールすれば、日本に行こうと思う外国人はもっと増えるはず。
自分が日本を訪れたときは(秋葉原などの)アニメ地区には行かず、もっぱら神社や庭園ばかりを巡ったよ。
残念なことに、殆どの外国人は日本といえばアニメや漫画、「ぶっとんだカルチャー」のイメージしか持っていないんだよね。

↑アニメやオタク文化を利用して中国、台湾など他のアジア諸国から区別化しようとしているんだろう。
それに、韓流が台頭してきた近年では日本にとって韓国との差別化は必須だ。

かなり若い層をターゲットにしたキャンペーンだね。
日本政府は若い外国人観光客にもっと来日してほしいのかな?

↑海賊サイトでアニメを見ているような若者に、日本旅行する経済的余裕はないと思う。
日本国外ではアニメ業界はまだまだニッチ。正直言って日本政府がアニメにこだわる理由が分からない。

↑中上流階級にだってアニメ好きの子供がいるだろう。
エキゾチックな場所へ旅行したい両親と、アニメ好きの子供の両方にアピールするのが狙いかも。

個人的には、この女の子を日本の観光マスコットにするのは間違いだと思う。

田んぼの風景とこのキャラが全くマッチしてないね(笑)

ヒドすぎる。一体何考えてんだ...。

ソフトバンクの無表情ロボットPepperの方がまだマシだったってこと?

「the World’s First Virtual Youtuber」と言っているけど、ヴァーチャルユーチューバーって日本ではすでに沢山いるよね?

↑20問正解した人間だけど、キズナアイはもう何年も前からいるよ。
彼女が世界最初のバーチャルユーチューバーかどうかは知らないけど、一番人気があることは間違いない。

西洋で教育受けた中国の若い技術者たちによって、AI革命では中国は日本の先を走っている。
この分野で、日本が中国に勝っている数少ない例が「キズナアイ」だろう。
でもその理由は、中国ではYoutubeがブロックされているからってだけ(笑)

ニューヨーク在住だが、キズナアイを見ても全く日本を訪れようとは思わないよ、ははは

↑キズナアイがお前に言いたいことがあるようだ。

 

キズナアイの英語は、日本訛りをわざと誇張しているような印象を受ける。
あと、このキャンペーンのターゲット層に自分は当てはまらないと、確信を持って言えるな。

この動画を見れば分かるが、わざとではない。
この英語のアクセントが彼女にとって普通なのだ。

観光アンバサダーならもっと英語力を磨かないといけないぞ。

Fackyuは問題なく言えるみたいだけどな(笑)

ソース:

の最新記事をお届けします!