天国へ向かう恩師へ…学生&卒業生たちが捧げる魂の踊り 「ハカ」【海外の反応】

2018/03/07 21:00

亡くなった高校教師の葬式に集まった学生と卒業生たち。天国へ向かう教師へ向けて、ニュージーランド伝統の踊り「ハカ」を捧げます。

魂を揺さぶるような力強い雄叫び、全身全霊を込めた踊りに思わず涙してしまう動画です。

この動画への海外の反応

滅多に泣くような人間ではないんだけど、これはダメ...。

ハカを見る度、自分がニュージランド人の血を引いていることを誇りに思う。

動画の最後、生徒たちが頭をうなだれて悲しんでいる様子に 心をうたれた。
こんな力強い踊りを踊って感情を放出したあとでも 悲しみは抑えきれないんだね。

どうやらまたHaka動画を3時間ぶっつづけで見ることになりそうだ。

↑おっ、仲間発見。

↑Haka動画は一度見始めたら止められない止まらない。

結婚式のHaka動画には感動したなぁ。。

↑教えてくれてありがとう!今見たけど...涙が止まらない。

↑花嫁と花婿が参加した瞬間に涙腺が崩壊したよ。

↑ハカって女性も参加するものなの?

↑よく分からない。元々は戦士のための儀式だから女性の参加は珍しかったと思う。
でも最近ではハカに参加してる女性を良く見るよ。
生の感情をこれほどまでに力強く表現する儀式。性別に関係無く心を揺さぶるものがあるんだよ。

↑こんな記事を見つけた。女性はHakaに参加していただけでなく、「欠かせない役割」を担っていたんだな。

若い男たちが戦場に向かうときに踊るハカ。その周りには部族全員が集まります。
女性たちには、踊りの一体感に乱れがないか、武器を正しく握っているかなど をチェックする役割が与えられていました。
男性たちのハカに問題がなければ、女性たちは武器を手に取り お返しのハカを踊ります。
問題があった場合は何も行われず...。その場合は戦に向かわせてもらえないこともあったそう。

↑素晴らしいね。
ニュージーランドラグビー女子代表の このハカがすごい。
優勝したのも納得だ。

いつか「惑星戦争」が勃発して宇宙人と戦うことになれば、ハカを地球軍の「戦の雄叫び(Battle Cry)」として導入してもらいたい。

↑そいつは名案だ。 宇宙人が「感情」を持っているかどうかすぐに分かるな。

↑1)一切反応することなく射撃を始めて地球軍を皆殺しにする
2)チビりながらUFOに乗って飛び去る
このどちらかが起きるだろう。

↑ハカが終わるまで待って、終わった瞬間に虐殺を始める可能性もあるぞ。

↑五輪バスケ、アメリカ対ニュージランド戦のことを言っているのか?

↑いや、インディージョーンズのことじゃないだろうか。

マオリ文化はなんて素晴らしいんだ!
現代まで継承されてきて本当に良かった。

↑大英帝国が太平洋諸島を侵略した際、抵抗に成功した唯一の原住民族がマオリたちだ。
勇敢に戦ったマオリたちにイギリス人は敬意を示し、それが現在のニュージランドにおけるマオリ文化の尊重につながっている。
たしかに、オーストラリアのアボリジニと同様の問題をマオリも抱えている。
でも、マオリの文化や人々をニュージランドは積極的に受け入れて、尊重してきた。

↑もはやマオリが「国にとって不可欠のアイデンティティ」と言ってもよい。
自分はPakehaとして、マオリ文化の中に受け入れられたという感覚を持っているし、そのことにとても感謝している。

Pakeha:白人のニュージーランド人、あるいはその文化のことを指す。

↑PakehaもHakaをちゃんと踊れているようだけど、子どもたちは学校でHakaを学ぶのかしら?

↑学校によるんだ。
自分はオールブラックス式のHakaを小学校で学んて、中学では違うスタイルを教えられたね。
寮独自のHakaと学校全体のHakaがあって、どちらも覚えた。
運動部のチームは試合の前に学校全体のHakaを踊る。
課外教育でHakaを含めたマオリのパフォーミングアーツを学べるコースもあった。

↑正直言って10代の子供たちのエネルギーのはけ口として、これほど適したものはないと思う。

↑身体と感情を通して仲間と「連帯」する。まさにチームスポーツを体現した踊りだね。
日本の太鼓にも近いものを感じる。
残念ながらアメリカにはこういった文化はない。

↑「感情をコントロールする」ことを学ぶという側面もあるんだ。
感情を剥き出しにしながらも、ハカの踊りが終わればスイッチを入れ替えて冷静になる。
怒りやテストステロンを抑えることは男性にとって非常に重要。
イギリスの軍隊でも同様のトレーニングが行われている。

↑↑↑マオリが「抵抗に成功」しただって?
一体なにを言っているんだ?
最終的にマオリは降参してイギリスの傘下に下ったじゃないか。
トンガは自治権を決して放棄しなかったぞ。

↑その通りだ。トンガのことを忘れて申し訳ない。
マオリの抵抗により、戦闘は膠着し、イギリス側に「戦争疲れ」が生じた。
そのおかげで、マオリ側有利に 和平条約交渉をすすめることができた。
マオリは イギリス王室の傘下となることを受け入れたが、土地を没収されることは無かった。
イギリス文化に統合された一方で、自分たち独自の文化 や アイデンティティ を保持することもできた。

マオリ語はまったく分からないけど、この動画の叫びが何を言っているのか分かるような気がする。

生徒たちの全身全霊を込めた踊り。
亡くなった教師に対する厳かな気持ちや尊敬が痛いほど伝わってくる。
なんと美しい死者の送り方だろう。

ハカを見るたびにいつもいい意味で驚かされる。
これほどパワフルな敬意の示し方があるだろうか。
心の底に眠っていた自分の感情が湧き出てくるのを感じるよ。

どのHaka動画を見ても、一人残らずみんな「全て」を出し切っている。
恥ずかしがったりして中途半端に踊っている人間がどこにもいない。

原始的で「生」。まるでDNAに直接訴えかけてくるかのよう。

涙が出てきた。ハカを見ると必ず泣いてしまう。
なんと美しい文化、なんと力強い「死者への敬意」の示し方なのだろう。

ソース:

スマイル!
の最新記事をお届けします!
東京ジラフ

魂が揺さぶられたぜ!!
男に生まれてよかったと思った。

今年も神輿は全身全霊で担ぐぜえええええええええ!!!

福岡ジラフ

いい先生だったんだろうね。遠く日本国からもご冥福を

東京ハムスター

誰一人嫌々やってる感出て無くてこっちまで感動するわ