大阪名物「ぐねぐね」 なんばパークスを見た海外の反応【建もの探訪】

2018/03/08 15:58

「ぐねぐね」でしられる大阪なんばの「なんばパークス」。

「キャナルシティ博多」なども手掛けたモール建築の巨匠ジョン・ジャーディによる作品です。「CG?」と疑ってしまうような波打つ壁・壁・壁の連続…。テーマパーク的な「ドギツいネタ」を盛り込むことで知られていた巨匠、ここでもいい仕事してますね~。

二度見せずにはいられない、主張強すぎのヘンテコデザインが海外掲示板でも話題になっています。

この建築への海外の反応

映画に出てきそう。ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシーっぽい。

ウォータースライドで最上階から滑り降りたくなる。

この建物があるのは大阪のど真ん中。ショッピングモールの屋上が庭園になっている。
日本人は空間を効率的に使うのが本当に美味い。

島国の日本では空間を効率的に使う工夫をすみずみに見るができる。
1センチも無駄にしない素晴らしいエンジニアリング技術。
その感覚はアートにも影響を与えている。

いままで訪れた都市のなかでシンガポールと東京がダントツで清潔だった。

日本に長年住んでいる者だけと、ヨーロッパを訪れたときに、街が汚くてビックリした。
そこら中にゴミ箱があるのにどうして...?

↑忠告しておこう、絶対に中国に行ってはいけない。

↑でも、行ってみたいよ...!
分かってる...、中国を訪れたら自分の寿命を5年縮めることになるって分かってるけど...。
上海は見ごたえのあるCOOLな港町だって聞いたから一度は訪れてみたいな。

パリは美しいと同時にとっても汚い街。
近年設置され始めた、「自動清掃式公衆トイレ」に期待していたけど、特に変化ないみたい。

↑日本には「パリ症候群」と呼ばれるものがあるんだ。
パリを訪れた日本人がそのあまりの不潔さにショックを覚えて鬱になることを指すそうな。

今ちょうど東京にいる。
どこもかしこも清潔で、思わず落ちているゴミを拾いたくなってしまうほど。
立ち止まったら人の流れを乱すことになるので、やめておくけどね。

訪れたことがあるけれど、写真で見るほどの迫力はないよ。
上空から見たときに一番見栄えの良い建物だと思う。

↑投稿されてるのは、隣にあるスイスホテルから撮影された写真だね。
自分もホテルのレストランから見下ろした時に始めてこんなデザインなんだって知ったよ。

グーグル・アースで3Dになって再現されてる!
ストリートビューでも中を歩けるようになってるね。

エッシャーを彷彿とさせる建物だ...。

↑なんばパークスの写真を壁に飾ろうかしら...。

Mall of Americaと同じ設計者だね。

Mall of America
1992年にオープンした全米最大級のショッピングモール。中心の巨大アトリウムが特徴。

ここの屋上庭園を歩いたことがあるが、降りる道が分からず迷ったことを覚えている。

↑分かる。全てが曲がっているから、すぐに方向感覚が狂ってしまう。

ぐねぐねと曲がった壁ばかりの学校に通っていた。
誰かに場所を教えるときにとっても苦労した記憶があるよ。
このモールで働いている人はどうやって道案内しているのかな?

↑そう考えると、このモールってデザイン的には欠陥品なのかしら?

↑学校なら毎日通う場所だからいずれ慣れるけど、モールだと位置と方向が分かりやすい方がいいだろうね。

これがCGと言われても驚かないよ。

↑「CGじゃないの?」と疑ったから、ズームして人がいるのを確認した。

面白い建築だね。
自分の「いつか訪れたい場所」リストになんばバークスが追加された。

↑基本的にはただのショッピングモールだよ。内部から見たら大したことない。
訪れて「がっかり」するとまでは言わないけど、「感動」するような空間ではない。

問題なしさ。手の込んだ建築を巡るのが自分の趣味なんだ。

↑なるほど。じゃあ、大阪城もオススメだ。

↑大阪城は城というよりも、美術館。大部分はレプリカだ。
本物の日本の城を体験したいなら姫路城がベスト。

↑大阪城は4回も燃やされたからね...。

海外掲示板でお馴染みのこの球場跡地に建てられたモールだよ。

スイスホテルに泊まって、なんばバークスに寄り道しつつ、なんば駅から街へと繰り出す。
大阪旅行の懐かしい思い出が蘇ってくるね!

ソース:

の最新記事をお届けします!
東京キャメル

年に何回か出てくる定期ネタだな