デンマーク首相、インドネシアの「メタル好き」大統領にサイン入り「メタリカ・ボックスセット」を贈呈

2018/03/09 00:03

メタル好き大統領として知られるジョコ・ウィドド氏、中でもメタリカはお気に入りのバンドの一つだとか。

その情報を小耳に挟んだデンマーク首相、インドネシア訪問の際に粋な贈り物をプレゼントします。その贈り物とは、訪問の数週間前に発売されたばかりのメタリカ30周年記念「メタル・マスター リマスター盤」―メンバーであるラーズ・ウルリッヒのサイン入り。

チョイスにご満悦の首相、ツイッターでもしっかりアピールしてますね。

このニュースへの海外の反応

知らない人のために説明しておくと、メタリカ創設メンバーの1人がデンマーク人のドラマー、ラーズ・ウルリッヒ。
ギフトを受け取ったインドネシアの大統領はメタルヘッドとして知られている。

付け加えると、贈呈されたアルバム、「メタル・マスター(Master of Puppets)」はコペンハーゲンのSweet Silenceスタジオで録音された。

↑そのアルバムのプロデューサー、フレミング・ラスムッセンもデンマーク人である。

↑フレミング・ラスムッセン...。とっても「デンマーク」な響きの名前だね。

ここでトリビア。
二人の面会は当初、来週に予定されていたけど、「メタル」に関税がかけられることが懸念されたため急遽、前倒しされたんだ。

↑上手い!

首相の表情がいいね~。
ギフトのチョイスに相当満足している様子w

なんとグレートなデーン。

この人がインドネシアの大統領って確かなの?
どうみても日焼けしたギルバート・ゴットフリードにしか見えないんだけど。

大統領ってオバマとギルバート・ゴットフリードを足してニで割ったみたいな見た目なのね。

まさにこういうのが「外交」ってやつなんだよ。

メタリカ最盛期のアルバムか。いい選択だね。

「Master of Puppets(操り人形の主)」を贈っただって?
知らない人が聞いたらブラックジョークみたいだろうな。

大統領がメタルヘッドってマジなの?

マジだよ。ナパーム・デスのファンらしい。
数年前、ヘロイン密輸で死刑判決を受けたオーストラリア人の恩赦を求める手紙をナパームデスが大統領に送ったというエピソードもある。その甲斐なく死刑は執行されてしまったがね。

ウィキペディアによるとこの大統領、「メタリカのベーシスト、ロバート・トゥルージロのサイン入りベースを持っていたが汚職撲滅委員会に没収された」とあるんだがw。

そのギターは美術館に飾られているそうです。(Economist

ケイシー・ネイスタットがインタビューしてた人か。

汚職撲滅委員会にまた没収されたので、アルバムの相当額1千万ルピー(およそ9万円)の税を支払って返してもらったそうな

大統領がギフトを委員会に自主的に返上→
委員会がギフトを「国家の財産」と認定→
9万円を支払って返してもらう
という流れ。
「反汚職キャンペーン」のアピールとして行われた、とあります。(BBC

ソース:

の最新記事をお届けします!
東京ラビット

ロイヤルハントやマーシャルフェイトのことも時々は思い出してあげて下さい。

東京バイソン

前のデンマーク国王もメタル好きだったはず
NWOBHM時代の

神奈川ゼブラ

ずいぶん面白い大統領な上に、
「メタルに関税が掛けられるから、会見を前倒し」とかシャレがきいてるねえ。