「89歳の写真家・インスタグラマー西本喜美子さんの自撮り」を見た海外の反応!【遊ぼかね】

2018/03/10 22:40

72歳で写真を始め、今では世界的に注目されるまでになった写真家西本喜美子さんが海外掲示板で話題になっています。

作品をながめていると、現在89歳「なのに」ではなく、むしろ89歳「だからこそ」できるのでは?と思ってしまう引き出しの深さです。

西本喜美子さんのインスタグラム

西本喜美子さんへの海外の反応

レジェンドだね!

右下のおマヌケなウサギがお気に入り(笑)

↑う~ん、これはロバじゃないかしら?

あのビールジョッキマスクが欲しい!

日本での「高齢の女性」ってどんなイメージなの?
自分はメキシコ人だけど、
高齢女性=おばあちゃん=料理が激ウマ
ってイメージだよ。

↑古い世代・伝統的な日本女性女性は、自分の夢や野心を犠牲にして子供を育てるというのが一般的だった。
子供が育って巣立ちすると人生の目的が無くなり、鬱になったり寂しくなってしまう...。
これは日本だけじゃなくて他のアジア諸国にも共通して言えることだけどね。
おそらく自撮りという自己表現を通して、社会の中での自分の存在意義みたいなものをもう一度見つけることができたって感じじゃないかしら。

↑たしか韓国では高齢者の自殺率が世界一だったと思う。

↑韓国の高齢者自殺率はOECD34カ国の中で最高(CNN

↑悲しすぎる...。

それはアジアに限らずどこの国の高齢者にも当てはまることだね。
ポジティブなエネルギーが満ち溢れている写真、見ていて幸せになれる!

可愛すぎ!このおばあちゃん大好き!

なんてスウィートな写真!自分の人生が楽しくなることをやっているようで嬉しい!

↑酒飲んでるってこと?

↑自由に遊んでるってこと。

ビールが共食いをしている...!

人が面白可笑しくしてるところを見るとすっごく心が暖まるね。

↑ヘッドフォンで音楽を聞いている人が電車の中にいることを忘れて歌い始めるのを見るの好き。

「アホらしさ」とは人生という名の「苦い薬」を楽に飲めるようにする「1杯の砂糖」である。

私がおばあさんになったら...こんな風になりたいと思うのであった。

左下の写真がすごく自分に当てはまってると思う。だが、理由は全く分からない。

Do You Ever Feel Like A Plastic Bag....

彼女のインスタをフォローしよっと。

彼女は私のヒーローだ!

写真におけるオノ・ヨーコといった感じ。

彼女とお話をして色々聞いてみたいな。

カワイイ。大好きだわ。ウサギの歯にクスッとなった(笑)。いつまでもお元気で^^

ユーモアのセンスが素晴らしいね!彼女に祝福あれ!

もし彼女が寂しくしていたら一日中一緒にいてあげたい。

芸術家が芸術表現をしている。それだけのこと。

嘘偽りがない、気取った感じもない、ありのままを出してる感じが好き。

彼女のことを知らないけど、彼女になりたい。

どうやら自分のスピリットアニマルを見つけたみたいだ。

↑同じく。まさか89歳の日本人女性が自分のスピリットアニマルだったとは。

もし自分が彼女の孫だったら...このハイレベルな遊びについていくのは楽じゃないだろうな(笑)

↑おばああああああああちゃんんんん!, yamate kudasai!

↑*yamete

ソース:

の最新記事をお届けします!
青森オッター

ヤメテは日本のAVネタらしい
韓国の反応サイトで知ったがヤメテヤメテ~イグイグ言っててキモかった

神奈川ボノボ

こういうばぁちゃんになりたい。

しかし、89才なのに元気で何より。

兵庫ヒッポ

なるほど、心を、形で表わしてるんだ。