800年前に建てられた「メタル」なノルウェーの木造教会 【建もの探訪】

2018/03/11 22:45

およそ800年前に建てられたというノルウェーの木造キリスト教会。コメント欄にもありますが、木造になっただけでゴシック様式もどことなくアジアっぽい…?とはいえそこはノルウェー、匂い立つようなダークな雰囲気が独特です。

この教会への海外の反応

教会までメタルなルックスとは...さすがノルウェー。

キリスト教の十字架の飾りがあって残念。
オーディンとトールにふさわしい見た目の教会なのに...。

グリム童話に出てきそう...。

(ディズニーの)エプコットに似たようなのがあったよ!

🇦🇹Vargにこの教会の存在を知られないようにしないと。

↑Vargとは誰だ?

↑教会をいくつか焼き払った男だ。それだけでもこれ以上ないってくらいメタル。
殺人罪で服役していたというおまけ付きだ。
数年前に出所している。
90年代にソロプロジェクトのバーズムを結成、ブラックメタルシーンに多大な影響を与えた人物でもある。
ノルウェーがちょっとおかしかった時代だ。

ヴァルグ・ヴィーケネス、通称ヴァーグWikipedia
ノルウェーのミュージシャン、作家、殺人犯、元受刑者。
1992年、少なくともノルウェーのキリスト教の教会の3棟の焼失に、ノルウェーブラックメタルシーンのメンバーらと共に関わっていたとされる。

↑付け加えると、Vargは強烈なネオナチでもある。
2015年には「白色人種を守る」というテーマの卓上RPGを執筆している。
皮肉なことにそのゲームでは劣等人種の方が白色人種よりも圧倒的に高い能力値を与えられている。

🇸🇮この場所を訪れたことがある。
信じられないくらい素晴らしい木造構造物だった。
思っていたよりもずっとすすっぽかったけどね

↑塗装に使われているのはすすじゃなくてタールだよ。

ラグナル・ロズブローク本人が建設に関わったかのような建築だね。

ラグナル・ロズブロークWikipedia)
ヴァイキング時代のサガに記述されている古代スカンディナビアの伝説的な英雄。

🇺🇸↑それって実在の人物なの?

↑そうかもしれない。でも恐らく当時の複数の歴史的人物を集約した想像上の人物だと思う。

🇳🇴これはスターブ教会だ。12,13世紀当時に建築されたものがノルウェー国内にまだ28件残っている。
このスタイルの教会建築は国外にも輸出され、アメリカにもレプリカが建設されてるよ。

🇸🇪↑でも投稿されるのはこの教会ばっかりじゃん...。
他に投稿されるノルウェー画像といえば大西洋横断道路(Atlanterhavsveien)、プレーケストーレンにロフォーテン諸島。
ここにいる連中がノルウェーを羨ましがるのも無理はないね。
一番良い場所だけを厳選して何度も再投稿してるだけなんだから...。
ノルウェー人なんて退屈でダサいのにな。

🇳🇴↑ノルウェーにおいで。西部や北部はごく普通の場所でも驚くほど美しいよ。
自分の地元(ベルゲン)は平均的な街だけど美しい山脈と自然がある

「Age of Empires 2」に出てくるこの教会の元ネタだね。

🇳🇱数年前にノルウェーを訪れた。スターブ教会をいくつか巡ったけど、どれも入場料が10ユーロくらいかかったので中には入らなかった...。
外から見る限りはかなりカッコよかったことは認める。

↑そりゃたしかに高額だな。
でも、スターブ教会の多くは私有で政府からの資金援助がないから仕方がないのかも。
ノルウェーの賃金水準は異常に高いしね。

🇪🇸ボルグンド・スターヴ教会だね。
現存する最古のスターブ教会ではないけど、最も「オリジナル」な(部分が残されている)教会だ。
ちなみにこの教会は何もない場所にポツンと建っている。
無人で、あるのはCCTVカメラだけ。

それもノルウェーならではって感じだ。

🇺🇸今でも使われている教会はあるの?
それとも今では単なるランドマーク?

🇳🇴↑この教会はミュージアムになってる。
でも、現存するスターブ教会のおよそ半分は教会として使われているよ。

🇵🇱デンマークの牧師と黒死病がやってくる以前のノルウェーにおけるキリスト教遺産だね。
蛇の鱗のような屋根が魅惑的。

🇳🇴↑スターブ教会が建築された1100-1200年代はノルウェーは独立国だったんだけど。
デンマークのやつらがやってきたのはその後のことだ。

🇵🇱↑その通り。
デンマークがやって来る前のノルウェーのクリスチャン建築は最高にカッコいい、ってこと。

🇸🇪↑おいおいそりゃ違うぜ!
中世北欧のキリスト教はノルウェー、デンマーク、スウェーデン、どこも基本的に同じだよ。
スターブ教会だって、ノルウェーにしか無かった訳じゃない。
スウェーデンにもゴットランド島にも存在していた。
それにこの当時の教会建築としてスターブ教会は特殊なもの。
当時の殆どの教会は石造だった。
この2つのKirke(教会)を較べて見て欲しい。
どっちがデンマークでどっちがノルウェーか区別がつくかい?

🏴󠁧󠁢󠁳󠁣󠁴󠁿↑スコットランドでも教会のことを「Kirk」と呼ぶ。
スコットランドにはノース(Norse)語由来の言葉が沢山あるようだ。

🇳🇴↑特に驚くべきことではないだろ?
スコットランドを「ヴァイキング」させてもらった時期があったからな。

🇳🇴↑↑↑ちょっと待った!これ両方デンマークじゃない?
ノルウェーではこのブロック形式のゴシック教会は存在しないはず。
当時のノルウェーの教会の大多数は木造だった。
ある推計によれば木造は1000件、石造は300件の教会建築が中世に建造されたそうだ。

🇳🇴↑まぁそうだけど...。一番でかいのが石造だからね...。

ニーダロス大聖堂Wikipedia
ノルウェーで最も壮麗な教会建築で、トロンハイムにある。1152年に設立されたノルウェー大司教座の大聖堂。

↑不思議なことに、カンボジア建築に似てるんだなー。
何の関連性も無い偶然の一致だろうけど、面白い!

🇳🇴90年代の過激派によってこんな美しい遺産が燃やされたと思うと悔やまれるね。

↑10世紀の過激派クリスチャンによってペイガン建築やノースの歴史が抹消されたと思うと悔やまれるね...。

ソース:

の最新記事をお届けします!
神奈川ペンギン

古いネタでも知らんものは知らんけど実はどどっかのテーマパークとか新新興宗教系の建物とかじゃねーの?

福岡ゼブラ

自国や他国とはいえ近似文化の話なのに
何か違和感が・・・
 
「ブロック形式のゴシック教会」とか言ってるけど
あれは様式としてはロマネスクでしょ。
ニーダロス大聖堂はゴシックとロマネスクの混合様式だから
東洋的な要素があって当然なんだけど。
それとカンボジアの王宮は焼失なんかしてないし。

福岡コアラ

深い入り江の側に建つスターヴ教会はすごく魅惑的。
まるで御伽噺のよう。
現実的にはフィヨルドのせいで降雨量は非常に多いにも関わらず
木製の多層塔建築ってのは、
表面をタールで防腐処理していても
土壌が常に湿っているので必ず基礎部分に何らかの工夫が必要。
浅い掘り込みに礎石程度じゃ持たないと思うだけに
一度詳しく調べたくもなる。

北海道バイソン

この時代の北欧は木造ばかりだよね
中世ヨーロッパって聞いたら石造りが多いイメージだけど違うんだ
ヴィンランド・サガとかがよく時代考証してる

大阪バット

>ヴァルグ・ヴィーケネス、通称ヴァーグ
教会を焼いたというが、やっぱり復興された多神教(オーディンなど)の信者か。
北欧だと民族主義・差別主義と結びついた多神教改宗者が過激行動に走ることがある。
勿論普通に開放的で平和的、儀式に外国人も参加OKなところもあるけど。

名無しゴリラさん

>デンマークの牧師と黒死病がやってくる以前の

宗教改革は16世紀。
プロテスタント以前だから牧師はいません。神父でしょう。
カトリックの聖職者が神父で、プロテスタントの聖職者が牧師です。

名無しオウルさん

Thanksamundo for the post.Really thank you! Awesome. keakfdkceefk

名無しペリカンさん

Attractive section of content. I just stumbled upon your website and in accession capital to assert that I get in fact enjoyed account your blog posts. Any way Ill be subscribing to your feeds and even I achievement you access consistently rapidly. febfbfcdgdeebdff