アメリカ版「お宝鑑定団」で 激レアポケモンカードを鑑定してもらった男性、実は○○○だった…【海外の反応】

2018/03/18 06:12

アメリカ版「お宝鑑定団」こと「Pawn Stars」に出演した自称「世界一のポケモンカードコレクター」の男性が話題になっています。

子供と一緒にポケモンカードを集め始めたというこの男性。それ以来ポケモンにハマりっぱなしで、17年間ずっとカードを集めてきたそう。

そんな男性が持ってきたのは、初版の「チャリザード」カード。ポケモン人気が世界的に爆発した2000年頃に発売されたものです。自己評価額はなんと50万ドル。

カードの保存状態はカンペキ。カードレーティング会社の「PSA」と「Beckett」から「新品同様」の10点評価を得ています。

ところが、番組の鑑定士リックはポケモンのことを殆ど知らない様子。ポケモンのことを「ポーキーマン(Pokey-man)」と発音し、全く興味が無さそう。助っ人にやって来たポケモン専門家が一生懸命説明しますが、結局「自分の専門外」ということで買い取り成立ならず。

このあまりに「わざとらしい」やり取りに疑問を抱いた海外掲示板。調査を始めると意外な事実が判明してしまいます。

この動画を見た海外の反応

店主の後ろにポケモンのフィギュアが飾ってある。(笑)
この番組のプロデューサーは相変わらずイタズラ好きだね。

↑確かにピカチュウが真後ろに飾ってあるな。

この番組のパターン:
リック(ハゲの店主)が売り手よりも商品知識がある場合 → 評価額を下げまくる
リックが商品について全く知識がない場合 → 取引成立せず

↑擁護するわけじゃないけど、リックは質屋だから商品の価値よりもローン金額が低くなるのは普通だよ。
ローンするお金には利子が発生するが、質入れされた商品は利子を生まない。
販売コストも含めると、多少金額が低くなるのはしょうがない。

↑この手の商品は、買い手が見つかるまでに数年かかることも珍しくないから、販売コストは意外に大きいだろうね

プロデューサー「いいかい、リック。
撮影中は、ポケモンのことを全く知らない振りをしてくれ。
そうすれば
ネットで話題になるからね。
ポケモンじゃなくてポーキーマンって発音してみようか。
ポケモンGOのことも知らない、聞いたこともないってことにしよう。

うちの婆ちゃんですらポケモンをどう発音するか知ってる。

何十年も質屋を営業してるんだから、ポケモンのトレカを見てない訳ないでしょ。

↑少なくとも、マジック・ザ・ギャザリングのトレカを持ち込んできた客はいたはず。
ブラック・ロータスを知らないはずがない。

↑7500ドル(80万円)!?なんでそんなに高いんだ?

↑ブラック・ロータスの中では安い方だよ。
黒ボーダーでコンディションが完璧だったら、2万5千ドル(265万円)を超える。

↑高校生だった95-96年頃に、レア物のカードを沢山持っていた。
でも、数年後に数百ドルで全部売ってしまった。
そして、その金で買ったのはドラッグ・・・。
思い出すだけで涙が出てくるよ。

↑そりゃあ大層な悲劇だな。
何年か待てば大量のドラッグを買えただろうに。

子供じみたものは 知らない方が「カッコいい」と思っている大人が いるんだよな。
だからわざと ポーキーマンなんて言って、渋い大人を気取ってる。

↑発音間違いは気にならなかったけど、評価額を聞いて驚いた振りをしていたのにはイライラした。

↑脚本なんだろうけど、ポケモンにかなり否定的な態度を取っていたのには腹が立ったね。

売り手は売る気が無いし、リックも買う気がない。

あのチャリザードのカードが世界に50枚しか存在しないって本当なの?
昔集めてたコレクションの中にあったと思う。

↑PSAから10点評価を受けたカードが世界に50枚だけ、ってこと。
何千ドルもの価値があるのは新品同様のカードだけだよ。

専門家が出した評価額は38-39万ドル(約4千万円)。

↑その評価額も相当低い。
全て番組が仕組んだやらせだよ。
個別に販売しても39万ドルはいく。
コレクションとなればさらに価値が上がるだろう。
実は、この男性はリックの知り合いで、番組を宣伝代わりに使っただけ という噂もある。

オークションに出せば100万ドルは行くだろうな。

単にコレクションをテレビで見せびらかしたかっただけだと思う。
17年間保存してきたカードを 質屋に売るなんてもったいない。

一体どうやってこんなすごいコレクションを集めたんだ...。

↑この男性はポケモン界では有名な人だよ。
ポケモンのトレカ掲示板「EFour」の住人で、コレクター歴20年。
ポケモンカードコレクターの草分けの1人だ。

↑その掲示板を調べてみたら、男性本人がリックと知り合いであることを暴露していた(笑)
ポケモンカードの知名度を上げるための宣伝に利用したそうだ。

↑自分の番組に呼ぶってことは、リックもポケモンカードの価値を分かってるってことか。
やっぱり演技だったんだね。

これが50万ドルのコレクションらしい。

1999年に買った10枚入りパックのポケモンカードを持ってる。
どれくらいの価値があるか分かる人いる?

↑初版のカードなら価値がある。

↑初版かどうかをどうやって確かめるの?

↑ポケモンのイラストの左下に初版のマークが入ってる。
20年ほど前、自分が最初に買ったカードパックに入っていたのがこのカードだ。

10点評価のチャリザードを見た時はチビりそうになった。

↑あのカードがどれくらいスゴイのか、ポケモンについて全く知らない自分に教えてくれない?

↑初版は大量発行されなかったため、とっても稀少。
チャリザードはその中でも一番人気のあるカードなんだ。
それが新品の状態で保存されているとなれば、世界に1枚しかないと言って良い。

↑最近のメタは知らないけど、一時期チャリザードは最強カードと言われてたね。

世界に一枚しかない10点評価のカード。
ポケモン人気が下火になることは無さそうだし、これからもどんどん価値は上がっていきそう。

リックの店の従業員は ポケモンカード大好きなのね。
自分のYoutubeチャンネルにリックを呼んで、ポケモンの名前を読ませてる(笑)

↑ピカチュウを正しく発音しない人を初めて見た。
パイカチュウってなんじゃ。

ありゃ?
早速eBayに出してるやないかーい!

↑送料無料!やったぜ!

↑↑番組放映前:50万ドル(5300万円)
番組放映後:110万ドル(1億2000万円)
値段が跳ね上がってる...。

なんでヒストリーチャンネルでこんなやらせ番組が放送されてるの?

ソース:

自転車に乗っておでかけ~

の最新記事をお届けします!
愛知ハムスター

セコイなぁ、セコセコだなぁ
ポケモンの発音が分からないフリできるのは表音文字なのに発音が定まってない英語だから出来ることだな

東京キャメル

向こうはチャリザードって言うんだ。チャリで来たリザードンみたいな感じだな。

熊本エレファント

もし本当に知らないとすれば鑑定士として勉強不足ってだけだよね。

東京ダック

公共電波で嘘はいかんだろ。気持ち悪いやりかただな。でもヒストリーチャンネルって日本の会社だよな。

宮城ゼブラ

ケーブルテレビを公共の電波とはいわないし、ヒストリーはアメリカの会社で、日本でヒストリーチャンネルを運営してるのはヒストリーチャンネル・ジャパンだ。ネットのコメ欄での嘘もいかんだろ。

神奈川エレファント

まず専門外の人間をブッキングするとか頭おかしい

東京パンダ

※7
そうなの?それはすまなかった。でもケーブルテレビも一対不特定多数という意味では公共だよね。

大阪ライノ

最後の柴犬の写真が怖い
ふとした拍子にハミ出た犬の足やら尾っぽが車輪に巻き込まれる可能性ありそう
万が一にもそういうことが無いよう車輪側は板か何かでカバーしたほうが良さげ

名無しダックさん

もう株とかわんねーな。

名無しライオンさん

※7
基本、契約しないと見れないから雑誌の年間購読みたいなもんだよ。

名無しタートルさん

アメリカのヒストリーチャンネルはキリストと聖書の話ばっかり放送していたぞ。
宗教チャンネル化という勢い。ローマ帝国ネタもローマ人のキリスト教徒迫害とかそんなのばっかで面白くなかった。