「ねぇ、この建物には魔女が棲んでそうじゃない?」… シールケが住んでそうなポーランドの木造住宅が話題に!

2018/03/31 19:25

ポーランドにある「魔女の棲家」っぽい建築が、海外掲示板で話題になっています。

この手の建築によくあるテーマパーク的な「ハリボテ感」を微塵も感じさせない、圧倒的なデザインの密度!複雑な曲線を組み合わせた形態も圧巻です。いい仕事してますねぇ。

この建築への海外の反応

自分にとってのドリームハウスみたいな家だ。
いつか最愛の人とこんな家に住めたらなぁ...。
ビル・ゲイツさん、お願い!

どこにあるんだろう?
こんな建物のある街に引っ越したいよ~。

魔女が住んでそう?
いや、むしろほのぼのとしてて可愛らしい。

ポーランド人建築家、Sebastian Pitońの作品だよ。
独特の有機的な形状をした木造建築を、多く手がけている人だ。

この建物はスキーで有名な街、ザコパネにある。
街にある建物の屋根はみんな、雪が積もりにくいよう急勾配になっている。

屋根だけでも相当の費用がかかってそう。
葺き替えることを考えると維持も大変だろうね。

職人泣かせの屋根(笑)

400年前にこんな家に住んでいたら、火あぶりにされそう。

↑そのリスクを冒してでも住んでみたい!と思わせる魅力がある。

↑もしかして、500歳の魔女さんですか?

ホビットホール(家)とコテージを足して2で割ったみたい。

ホビットホール
ロード・オブ・ザ・リングに登場するホビット族の住処。
ニュージーランドにあるムービセットでは、見学ツアーをすることができる。

↑たしかに!
魔女の家というより、ホビット・ホテルといった感じだね。

お屋敷風に建て替えられたハグリッドの小屋ってふうでもある(笑)

↑分かる(笑)
ハグリッドが宝くじに当たったら、こんな家を建ててそう。

と~っても、住み心地良さそう。
想像だけど、中には大きな図書室があって、キッチンではハーブを吊り下げてる。
住人は暖炉のそばでアフガン編みをしていて、横には猫が何匹か寝そべっている...。
たぶん、家の中には焼きたてのパンの香りがず~と漂ってるはず...。

ハート型の窓があるんだから、「魔女の家」じゃないだろう(笑)

灯りが無いからちょっと怖いけど、暖かい照明があれば可愛く見えるお家だと思う。

カナダ人だけど、こういう建物が大好き。住心地良さそうだよね。
雪が積もった様子を見てみたいな。

これは、ガッツが狂戦士の鎧を手に入れた場所(霊樹の館)じゃない?

↑自分も、見た瞬間に「シールケの家だ!」って思った(笑)

もし魔女の家だったら、住んでるのは大金持ちの魔女に違いない。

この建築家のことは知らなかったけど、ポーランドにあるって聞いて納得。
ポーランドには、こんな雰囲気をもった木造建築が沢山あるね。

屋根職人だけど、見ただけで絶句してしまった...。
屋根全体を葺き替えるには、1000時間近くかかりそう。

なんて怖い建物なんだ!

↑建築家に連絡して見積もりをとったのかい?

ソース:

の最新記事をお届けします!
名無しペリカンさん

三浦がこれを参考にして描いただけだろ

名無しゴリラさん

あの建物が連なって馬が写ってる写真、今にもミュージカル映画が 始まりそうな雰囲気だな