元NASA科学者「気候変動問題の真犯人は、原子力を否定する政治家たち」 地球温暖化問題の先駆者が、オバマ、メルケルなどのプログレッシブ派政治家を痛烈批判

2018/06/21 23:56

1988年にアメリカ上院議会で気候変動におけるスピーチを行い、同問題における先駆者として知られる元NASAの科学者、ジェームス・ハンセン氏が英ガーディアンに語ったコメントが海外掲示板で話題になっています。

1992年のリオ以降、気候変動問題が「存在する」という合意だけで、実際のアクションが伴っていないと話す氏。その原因は1.化石燃料業界によるロビー活動、2.プログレッシブとして知られるカリフォルニア州知事のジェリー・ブラウン、3.ドイツ首相のメルケル氏、と指摘しています。

ジェリー・ブラウンやアンジェラ・メルケルのような政治家を挙げる理由は、「気候変動問題の解決に向けて積極的な姿勢を素振りをみせるだけで」CO2排出の少ないエネルギー源である原子力に対して曖昧・否定的な態度を取っているから。もうすぐ出版される著書の中ではオバマ氏に関しても、気候変動に問題については「惨めなほどに失敗」したと述べています。実施された関連政策は「遅く、効力も低く、民主党の意向に偏ったもの」だったと批判。

「化石燃料のコストが(環境コストを反映した)正直なものでない限り、CO2排出が減ることはない。」と語るハンセン氏。

「今からでも遅くない。気候変動問題の解決は何も難しいことではないんだ。炭素にちゃんとコストが付加されれば、(2100年までに、世界的な平均気温上昇を産業革命以前に比べて2℃未満に抑える)2C目標の達成も不可能ではない。」と力説しています。

Guardian

このコメントへの海外の反応

これにはクソ同意だね。
原子力エネルギーに対してパラノイド的な恐怖を抱く人が多すぎるんだ。

↑原子力の話をすればスリーマイル島事故を持ち出す人が多いけど、一体あの事故でどれだけの人が犠牲になったというのか?

↑加えて言うなら、スリーマイル島の発電所は2018年現在でも正常にフル稼働している。

↑事故のおかげで「ストレス」による癌の発生率が高まったそうだ。(Wikipedia
過剰なまでに恐怖を煽ったことによるものだろう…。

原子力に対して自分が不安に感じるのは、災害が合った場合に、単純に稼働停止してハイ安全とはいかないこと。
超大規模なハリケーンなどに直撃されたらどうなってしまう?

↑想定される自然災害がハリケーン程度なら、なんの問題もない。
制御下の稼働停止は6-12時間かかるが、緊急の稼働停止なら1-5秒しかかからないよ。
活断層の直下にリアクターを建設しない限り、安全さ…。

↑福島のメルトダウンは地震によるものではないよ。
地震があった際、ちゃんと自動的に稼働停止された。
そころが、コアを冷却するための電力を供給するオフサイト電源がダメになったてしまったため、オンサイトのディーゼル発電に頼ることに。
その後、津波が押し寄せそのディーゼル発電もやられてしまったため、コアを冷却する手段が無くなってしまったのが原因だった。
アメリカを含め多くの国では、予備電源が何重にも用意されているので、福島のような失敗は起きない。

潜水艦や空母に搭載されている原子力プラントは、瞬時に稼働停止できるし、海で30年以上稼働するようにデザインされている。
それだけでなく、ミサイルなどで攻撃されることを想定し、頑丈に建設されているんだ。

原子力は一切二酸化炭素を排出しない。
発電所の建設が、微量のCO2フットプリントを残す程度。
あらゆる発電方法のなかで、原子力が最もCO2フットプリントが小さく、なおかつ最も安全なんだ。

↑全世界がフランスのエネルギー政策を適用すれば、気候問題は解決されると言われている。
確かに、フランスの政策も完璧ではないが、原子力主体のエネルギー政策としては理想に近い。

原子力エネルギーに反対する人は、気候変動がインチキであるって主張する人たちと同じくらい、科学を否定してる思う。

ハーバードの科学史家、ナオミ・オレスケスがジム・ハンセンについて述べているコメントが面白い。
「可哀想なジム・ハンセン。彼は悲劇のヒーローなの。
現状を正確に分析できるものの、それを周囲の人に理解させ説得することができない。
まるでそれは(未来を予言できながらもアポローンに『誰からも信じてもらえない』呪いをかけられたトロイの王女)カッサンドラのよう…。
『知識は力なり』というスローガンがあるけれど、ハンセンの存在はそれが真実でないことの証明だ。
とどのつまり、『力は力』のようだ。」

↑地球温暖化って政治問題だとずっと思ってた。
有権者が同意しないからって理由で何もしない政治家。
でも、少なくとも半分の有権者は問題の深刻さを理解してる。
それなら、半分だけでも対策すればいいのに…。

↑大気や水を汚染をする企業には対価を支払わせるように強制すれば、一瞬で変化が起きる。
企業は製造の効率化を図ったり、環境負荷の小さい装置を取り入れるようになる。
環境コストの高い製品は価格が高くなるため、需要も減る。
汚染対策のための資金が政府に入って来る。
でも、現実には環境破壊を続ける大企業を国は援助していて、本来責任を取るべき連中が野放しになってるんだ…。

↑コストは社会化し、収益は私有化されてるってことだね。
言い換えれば、「金持ちには社会主義を、平民には民主主義を」ってのが現状なのさ。

↑コモンズの悲劇だな…。

コモンズの悲劇(Wikipedia)
多数者が利用できる共有資源が乱獲されることによって資源の枯渇を招いてしまうという経済学における法則。
大気汚染や水質汚濁、土壌汚染など負の外部性(外部不経済)の場合には、大気汚染防止法などの取締法規による規制的手法や、二酸化炭素の排出取引など市場原理を活用する手法(外部不経済の内部化)が用いられる。

↑↑いわゆる縁故資本主義(Crony Capitalism)ってやつだ。

↑いや、単なる資本主義さ。
いつの時代も資本家は、川を汚し、森を伐採して、機械で労働者を殺して富を得てきた。。
そして、それによって生じるコストは社会よって、資本家の取る行動によって被害を受ける人々によって支払われてきた。

↑資本主義と規制は相反するものではないはず。
適切な規制は社会にとって恩恵をもたらす。
違法化する必要なんてなくて、環境コストを企業に支払わせるシステムを設ければいいのさ。
環境を破壊することなしに利益を上げれないビジネスは、自然淘汰されるような仕組みが必要だ。

政治家を批判する人が理解してないのは、企業を保護することは、残りの99%の人の職を確保することにつながるってこと。
政治家は、1%の富裕層を守るためだけに企業を優遇しているわけではないのさ。
アップル、フェイスブック、グーグルが揃ってシリコンバレーから撤退したら、カルフォルニア経済は大打撃を受け、多くの失業者が生まれるだろう。
そうすれば、政治家だって職を失ってしまう。
現実には99%の人にとっては、地球温暖化よりも、安定した職と収入の方が切実な問題なんだ。

↑妄言もいい加減にしてくれよ。
超リッチ層が永久的に税免除を受けているのは、99%の市民を守るためだってのかい?
最高裁は企業の飼い犬ばかりで、企業や組合からの選挙資金援助が「言論の自由」の一環という判決が下る始末。
もし、政治家が99%のことを気にしてるなら累進課税を徹底して、公的な雇用を増やしている。
彼らの巧みな言葉に騙されてはいけないよ。
あれは選挙に当選するためのレトリックでしかない。

太陽発電と原子力発電の廃棄物を比較して、原子力発電のほうが環境負荷が少ないと主張したことがあるが、ボロクソに批判されてしまった。
このNASAの科学者も同じような批判にさらされていると思うと、同情する。

↑原子力は、風力や太陽光といった「クリーンエネルギー」と競合するので、悪者にしなくちゃいけないんだよ。

↑ドイツに原子力由来の電力を販売しているフランスは、「悪者」扱いされているそうだ。

ドイツが良い例だよ。
福島の事故の後、ドイツは全ての原子力発電を閉鎖することにしたが、化石燃料由来のエネルギーに再び依存することになり、CO2排出は激増するという結果に…。

↑業界の安全基準に従わなかった結果起きた福島の事故を理由に原子力を捨てるとは、愚かな決断だね。

↑歴史上5本の指に入る大地震だったことを考慮すると、よく耐えたと言っていいと思う。

↑女川発電所のほうが、遥かに震源地に近い場所にあったが事故は起きなかった。
福島の事故は、完全に事業者の怠慢により起きたものさ。
いずれにせよ、メルトダウンが現実的に起きる可能性があるのは第1世代の原子力プラントだけ。

確かに原子力発電に限っていえば、世界は後退してしまった。
でも、過去5年間で太陽光と風力発電は大幅な成長を遂げている。

↑マーケットシェアの小さい太陽光と風力発電が成長することは
容易さ。
ある程度のシェアを獲得するようになれば、電力を保管するストレージが問題になってくる。

原子力発電とは集団ヒステリアの犠牲となった技術。
もうかれこれ30年もの間、安全に稼働してきて、CO2排出の大幅な削減に貢献してきたというのに…。

ソース:

の最新記事をお届けします!
名無しアルマジロさん

その福島の原発はアメリカ製なんだけどな。
震源により近かった女川原発(東芝製)は安全に停止したぞ。
まぁ東京電力の責任であって、地震とかアメリカの所為じゃないけどね。
あれは人災。福島県民は東京都民を30万人位殺す権利を有するよ。

名無しライオンさん

予備電源三つのうち二つが駄目だったのに安全?
管理が駄目すぎる

川内原発みたいな立地に平気で建てたり、断層の真上に建てるような馬鹿をやってるから、またやるぜ?
福イチだって震災前から立地は問題視されていたのに、安全と言い張ってたからな。

根本的に推進派は信用できん。

名無しタイガーさん

ベントの訓練も出来ない時点で、原発稼働は無理だったんだよ

名無しオッターさん

きちんと管理できてりゃ良いもんなんだろうよ、きちんとできてりゃな。
それが杜撰だから問題なわけで。
それと廃棄されたやつ、増える一方だけどどうするん?

あと、コレでいくと、二酸化炭素で温暖化は嘘だ!って言うのを否定するわけだが。

名無しタートルさん

震災を理由に無関係の人殺したいマン気持ち悪い

名無しドンキーさん

当時の政府が邪魔するわ、ありゃ人災だよね。自然の脅威に晒されているのに日本人って変な自信を持つ事も良くないのかも。安全神話なんて言葉は使うべきじゃない。だからお偉方は勘違いしちゃうんだよ。

名無しペンギンさん

反対派の書き込みは恐ろしすぎる。冷静になれよ。
津波で何人亡くなった?原発事故では?天災の脅威とは比較にならない。
温暖化が進むと日本は山でしか住めなくなるぞ。

名無しキャメルさん

山でしか住めないって海面何メートル上がってんだよ。
南極の氷がどんだけあると思ってる

名無しペリカンさん

今だに外人によるアメリカ製というレスを一度も見た事がない

名無しタートルさん

予備電力をハリケーン対策(笑)で地下に埋設するという仕様を見て「津波被害があったからそれは駄目だ」という地元からの指摘を一切聞き入れずにそのまま建設するっていうド田舎根性曝け出したアメリカ側がお粗末だっただけの話だってそれ毎回言われてるから。

名無しタイガーさん

ちゃんと女川原発に触れてる人が居るな。しっかり見てる。
福島第二や女川や東海、あと青森の東通か、あのへんの原発は問題なかったんだからな。
なのになぜか「原発は悪!」な思い込みの激しいのが湧いて出るんだからメディアの洗脳って恐ろしいよ。

名無しオウルさん

福一の事故の責任をアメリカに押し付けるのは流石に無理あるわ。
最初に造ったのがアメリカだったとしてもそれを何十年と放置したのは日本。
そんなに危ないと言うなら廃炉にするなり建て直すなり方法はあった。

結局日本も事が起きないと問題解決に動けないレベルでしかない。

名無しパンダさん

福島の原発事故では被爆して死んだ人がひとりも居ないという事実。
(被爆で健康被害を訴えてる人はいる)
チェルノブイリと福島を同列に扱う人がいるけど死者数が全く別次元なんだよなぁ・・・

そして大気汚染・CO2による温暖化でそれよりも遥かに多くの人を殺してる火力発電。

名無しオッターさん

初めからポンコツだとわかっていたGE製を日本に押し付けといて
よく言うわ。

米国では稼働できなかったんで、政治的に日本とバーターした。

名無しコアラさん

確かに化石燃料に因る大気汚染は、無視出来ないレベル
原発停止して、水力、風力で日本経済が廻る訳も無い
全国民が便利で安価な生活を棄てる覚悟が必要な話
原発の恩恵は、原発の在る自治体にとって莫大で、県にとっても大きな税収と協力金

名無しラビットさん

ウラン等の採掘量は年々枯渇に向かって減少している
海水から回収するとか色々あるがコストメリットはない
再稼働で電気代が安くなりますなんて電気会社の言うことも
設備維持、その先にある廃炉のコストを含まない詐欺まがいの話
いきなり原子力廃止も現実味がないが、全てを再生エネルギーで賄うにも無理がある
少ないとも現状は…
多様性でリスクを分散するのが現実的なんだけど
日本の場合、3.11まで原子力推進派が強すぎて偏重があったのが問題
助成金とか本来、安全設備に投資すべき金も群がる原子力既得権益者の間で
そうとう消えてる。資材コストも正当に見積もられていたか怪しいもんだし。

ところでトランプを始めとする反プログレッシブ的政治家って
温暖化そのものを否定してるよね?