1,2位を日本が独占!世界のメディア・フランチャイズ売上ランキング【海外の反応】

2019/06/27 15:46

ウィキペディアのデータをチャート化した「世界のメディア・フランチャイズ売上げランキング」が海外掲示板に掲載され反響を呼んでいます。

スターウォーズやマーヴェルなどの超人気アメリカ発の作品を差し置いてトップに君臨するのはポケモン。そして2位にはハロー・キティー。他にもアンパンマン(6位)、マリオ(8位)、週刊少年ジャンプ(9位)、ガンダム(13位)、ドラゴンボール(15位)など日本勢が数多く上位にランクインしています。

ほとんどの作品でグッズ売上が売上の大部分を占める一方、マリオではゲーム売上、マーヴェルやハリー・ポッターなどでは映画興行収入が中心となっています。


1位  ポケモン(933億ドル)
2位  ハローキティー(800億ドル)
3位  くまのプーさん(750億ドル)
4位  ミッキーマウス&フレンズ(706億ドル)
5位  スターウォーズ(656億ドル)
6位  アンパンマン(603億ドル)
7位  ディズニー・プリンセス(447億ドル)
8位  マリオ(361億ドル)
9位  少年ジャンプ(341億ドル)
10位 マーヴェル・シネマティック・ユニバース(320億ドル)
11位 ハリー・ポッター(309億ドル)
12位 スパイダーマン(271億ドル)
13位 ガンダム(265億ドル)
14位 バットマン(264億ドル)
15位 ドラゴンボール(243億ドル)
16位 バービー(240億ドル)

このチャートへの海外の反応

マリオのゲーム売上(300億ドル)よりもポケモンのグッズ売上(611億ドル)のほうが遥かに大きいことに驚き。
どうやら、私はポケモングッズの人気をみくびっていたみたい。

スターウォーズのグッズ収益(403億ドル)がボックスオフィス(95億ドル)よりも上なのは興味深い。
ディズニーに権利を売却したジョージ・ルーカスは商売の天才だったんだね。

ボックスオフィスだけで10位に食い込んでくるマーヴェル・シネマティック・ユニバース(MCU)がすごすぎる…。

書籍売上だけで9位にランクインした少年ジャンプも見過ごせない。

↑確かに!
でも、少年ジャンプはフランチャイズではなくて出版レーベルだと思う。

今気づいたけど、プーさん、ミッキーマウス、スターウォーズ、ディズニープリンセス、マーヴェル、スパイダーマンは全部ディズニーが所有してる。ワオ。

ポケモンはカード売上(108億ドル)がハリー・ポッター全シリーズの映画興行収入(92億ドル)を超えているだと…!?

↑ポケモンカードを開封するだけのYouTubeチャンネルの登録者が100万人超えてしまうくらい人気なんだぜ。

人生で一度もポケモンを集めたことがない自分でさえ、どういうわけかプリンのアイマスク、ピカチュウのランプ、つなぎ、弓、帽子、そしてヒトカゲの財布を持っている。

アメリカ育ちで古くからのファンだからポケモン人気は凄いって知ってたけど、チャートで見ると改めてそのヤバさにビビっちゃう。
最近日本に行ったんだけどアメリカよりさらにポケモンが人気で興奮したよ。
特にポケモンセンター・メガトウキョーでは、童心に帰ってはしゃぎまくりだった。

プーさんがミッキーマウスより上なのが意外過ぎる。

↑それがこのリストで一番の衝撃だった。

↑プーさんのグッズなんて見たこと無いぞ…。

↑日本で育ったんだけどプーさんはどこでも見かけるよ!
赤ちゃん服、おもちゃ、人形、文房具、なんでもプーさんだ!

プーさんだけじゃなくて、ティガーやルーだって含まれてると考えるとそんなに驚かない。

アンパンマンって一体誰なんだよ!?
スパイダーマンやバットマンを上回るなんて、日本人全員がアンパンマングッズを買わない限りあり得ないだろ!

おそらくみんなが首を傾げているであろう6位の「アンパンマン」について説明しよう。
アンパンマンは70年代にデビューした日本で大人気のアニメシリーズ。だけど、日本国外ではほぼ知られていない。
ちなみにみんなが知ってる漫画「One Punch Man」の日本名は「ワンパンマン」で、「アンパンマン」をパロったものなんだ。

↑アンパンマンは韓国でも大人気なの!
韓国ではアンパンマンは 호빵맨 (hopangman)として知られてる。
子供の頃に使っていたバンドエードにはアンパンマンの顔が付いてたよ。

↑東南アジアでもアンパンマンを知らない人は存在しないと断言できるくらい有名さ。

ランクインしてる作品は全て見たことか聞いたことはあるものばかり…ただしアンパンマンは除く。
ググって確認してみたけどやっぱり一度も見たこと無い。
おそらく彼はアジアの大スターなんだろう。

↑アンパンはとっても美味しいスナックだ。日本を訪れる機会があったらぜひ食べてみて。

アジア系の家庭に生まれた私に両親はアンパンマンのグッズを買い与えてくれた。
今でもアジア系マーケットではアンパンマングッズを見かけるよ。

グッズ売上だけを比較するとハローキティーがポケモンを上回っていることが地味にびっくり。

日本人はかわいいキャラをつくって大儲けしているってマジなんだね。

日本と韓国のポップカルチャーを大学で専攻して、卒論で50ページに渡ってハロー・キティーを論じた者だけど、ハローキティーに関する研究ってメッチャクチャ多いんだよ。
そのほとんどは「どうしてハローキティーは持続的に儲かるのか」をテーマにしたもの。
お金になる研究には資金が集まるんだな、と思った。

ガンダム>バットマン
よっしゃァァ!!!

あれだけの数のガンダム関連のテレビ番組、映画や漫画、ゲームが制作されてるんだから売上の5%くらいはあるんじゃないかと思ったらありゃりゃ…。

▶元の資料によると、ガンダムの総売上260億ドルのうちグッズ売上は259.32億ドルとのこと。

ガンダムはヤバイね。
図書館で4シーズン分のDVDを借りてきてイッキ見したけどまだ物足りないぜ。もっと、もっと見たい!

スパイダーマンとバットマンがランクインしてるのにスーパーマンの姿は無いのはなぜ?
コミックとしての質はスーパーマンが一番なんだけどなぁ。

↑コミック自体が一部のコア層向けのもので、売上はショボい。

↑↑でも少年ジャンプはコミック売上だけで9位じゃないか!

↑↑↑ようこそ日本へ!
ここは50過ぎのおじさんが地下鉄で漫画を読んでも誰にも後ろ指を差されることのない平和な国。

ソース:

の最新記事をお届けします!
名無しダックさん

スターウォーズは世代での温度差がかなりありそうだからなー

名無しアルマジロさん

スターウォーズは50代にとっては魂をゆさぶられるが、他の世代には
そのような感覚はないのでは。

名無しハムスターさん

東アジアを一纏めしてる大学なんてろくでもなさそう。