中国の 「壮絶な」芸大入試風景 を見た海外の反応 → 「まるで工場みたい」「完全に『ウォーリーを探せ』」

2018/03/04 20:04

韓国の掲示板に投稿された「中国の芸大入試」画像がインターナショナルな掲示板で話題になっています。

超巨大空間に集められ一斉に模写を始める中国の受験生たち。人口14億の国だけ入試のスケールも半端ない!

文字通り「人の海」といった感じの超絶スケールの受験風景に海外掲示板もぶったまげているようです。

この写真への海外の反応

これは受験生は凄まじいプレッシャーを感じているに違いない。

芸術の世界で食っていくなら早いうちから競争のプレッシャーに慣れておいたほうがいい。
需要を供給が常に上回っている業界だ。
自分より絵が上手いやつなんていくらでもいるから、精神的にタフでないと生き抜いていけない。

↑中国社会全体がそんな感じ。
アメリカの少中高教育が生ぬるいとも言える。
アジアではほとんどの学校で、テスト順位を廊下に張り出すそうだ。

俺がもしこの入試のヌードモデルだったらチビってしまいそうだ。

↑嘘のような本当の話:自分の股間が芸大受験生によって数千通りに表現される。

↑ある者は小さく描き、
ある者は大きく描く。
ある者は無毛のモノを描き、
ある者は毛がボーボーのモノを描く。
ある者はモノを愛おしそうみ見つめ、
ある者は一切のディテールを捉えると注意深く観察し、
ある者は恥じらって目を背けようとする。
自分で読み返してみると、
なんてホモなポエム。

↑アジア人の股間はモザイクがかかっているのを知らないのか。

入試ではないが、大学でヌードをしたことがある。
50-60人の前で裸になったのは良い思い出だ。

↑線形代数の授業で脱いでいたのはお前だったのか!

↑市民として持つ権利を行使したまでだ。

真ん中からちょっと左、紫の椅子を持ち込んでいる受験生の隣の男性は諦めモードだな。
「こりゃ無理だわ。他のキャリアを考えよう。」

どこ?

テイクアウトを食べている受験生もいるようだ。

↑見つけれない。どこにいるの?

「金髪を探せ」

↑「ウォーリーを探せ」かよw

自分がこの中にいたら、真ん中の席で、試験開始から5分後にトイレに行きたくなるんだろうな。

↑「すいません。あっ、すいません。すいません。すいません。すいません。x1000」

↑「クソっ!もういい!ここで出してやる!」

↑「お知らせします。
残念ながら、あなたは志望した視覚芸術学科に不合格となりました。
代わりに、前衛パフォーマンス芸術学科に合格しています。」

↑↑とりあえず、茶色の絵の具が切れることはなさそうだな。

↑採点者「素晴らしい質感ですねぇ~。」

↑「これはコーンですか?」

↑「いえ、ナッツです」

↑「まるで作者の内部から爆発したかのような迫力です!」

トイレに行って、部屋に戻ってきたら...、どこが自分の席か分からない!

↑コンサートに行ったらいつもそんな感じ。

韓国では毎年一回大学入試が行われる。
試験が開始すると門番がゲートを閉じるのだが、何百人もの遅れてきた受験生がゲートを乗り越えていくのが毎年恒例の風物詩となっている。

↑それだけいるならゲートを開けてやれよw

火事が起きたらどうすんだろ...?

↑酸素が不足しているから炎は自然に消えるだろう。

人口過密地域に生まれなくてよかったわ...。

↑インド人だよ。
君たちは本当にインドに生まれなくてラッキーだw

↑インド人の友人がいるが、インドでの生活が如何に苦しく、それに較べてヴァージニアでの暮らしはとても快適だと言う話をいつも聞かされる。

これは完全にギネスレコードを破ってそう...。けど、誰も気づいてなさそう...。

芸大入試というより、贋作製造工場って感じだな。

CGが無かった時代の、アニメの作成風景。

百万人に一人の才能でも、全国に同レベルが1600人いるのが中国。

ソース:

 

の最新記事をお届けします!