1995年、当時22歳のイチローがマイケル・ジョーダンと対面 「緊張しててカワイイ」「今ではふたりとも伝説!」【海外の反応】

2018/03/05 18:53

1995年といえば、三連覇を達成し引退していたジョーダンが復帰した年。その後、2度目の3連覇を達成するジョーダンのいわば「全盛期」といって良いでしょう。

同年、オリックスにいたイチロー選手は、首位打者・打点王・盗塁王・最多安打・最高出塁率を獲得。「打者五冠王」に輝き、打者として日本プロ野球史上最年少でシーズンMVPを獲得しました。

ジョーダンの大ファンで、エアジョーダン好きとしても知られるイチロー選手が、その1995年にジョーダンと対談している動画がこちら。20年後に自分がアメリカでスーパースターになっていることを知らないイチローの緊張した様子が、なんとも微笑ましいですね。

この動画への海外の反応

イチロー、若いな~。

イチローは一体何を着ているんだw

イチローが着てる「トムとジェリー」のセーターが欲しいw

こんなに可愛らしいイチローを見るのは不思議な感じだよ。
イチローといえば、フィールドではいつも落ち着いていて集中している、まるでプレデターのようなイメージがあった。

GOATとマイケル・ジョーダンが対面している貴重映像だな。

GOAT(Greatest of All Time)
史上最高の選手を指すのに用いられる言葉。マイケル・ジョーダンはバスケットボールにおけるGOATと認識されています。

↑それが冗談であることに一瞬気づかなかったw

↑果たして冗談だろうか...?

ジョーダン「アメリカに来てプレイするの?」
イチロー「腕がジョーダンさんくらいの太さになったら行きます。」
面白いやり取りだなー。腕の太さはそのままでも何の問題もなかったねw

もし選手を一人だけ22歳に若返らせることができるとしたら、イチローを選ぶかも。

↑自分はペドロ(・マルティネス)かな。

↑ペドロは(DH制のない)ナショナル・リーグでプレイできないからなぁ。

イチローが、日本球界を経ることなく直接メジャー入りしてたら、ピート・ローズの記録を破っていただろうね。

シカゴ・ブルズファンだけど、これを見ると90年代が懐かしくなる。

イチローの反応がいちいち可愛らしい。
ジョーダンを目の前にして、とっても緊張してるよう。

ジョーダンさん~。今あなたの前にいるこの若い日本人。その後アメリカに来て、野球史上最高の選手の一人になるんですよ~。

イチローがメジャーにくるのはこの映像から6年後の2001年、27歳の時。
もし、この当時にメジャーにきてもすぐに大活躍出来たんじゃないかと思う。

通訳の女性とジョーダンが仲良さそうだね。
女性「私のこと覚えてる?」
ジョーダン「ああ、覚えているさ。」
のやり取りがなんとも可笑しい。

同じ年に、ケン・グリフィー・ジュニアと面会している動画もあるようだ。

↑またトムとジェリーの服を着ているな!w

↑↑1995年にグリフィーと会って、2009年にグリフィーと一緒にプレイして、20XX年に殿堂入りしてまたグリフィーと一緒になる。
二人の歴史を伝える重要な動画だね。

イチローってトムとジェリーの服しか持ってないの?

そうだよ

この動画を見てますますイチローのファンになった!

ソース:

の最新記事をお届けします!
神奈川オッター

22才ではない19か20才。

静岡ラクーン

ジョーダンが筋肉番付か何かのフリースローのヤツ成功したのは鳥肌が立ったなあ
バージョン2のリングが上下したり左右移動したりする方
しかもアナウンサーが成功後にジョーダンにインタビューしたら
私はリングを見ていないと言ってのけた
まさにジョーダン△だった